コラム

翼竜にカラフルな羽毛の痕跡 恐竜との類似点、相違点から進化を考える

2022年05月03日(火)11時30分
恐竜と翼竜

鳥の先祖は翼竜ではなく、恐竜(写真はイメージです) CoreyFord-iStock

<「羽毛恐竜」は過去にも見つかっているが、翼竜では初めて。カラフルな羽毛は、「(現在の鳥類と同様に)異性の注意を引くために使われていた可能性もある」と専門家は語る>

ティラノサウルスにプテラノドン......。中生代三畳紀に現れ、白亜紀に絶滅した恐竜や翼竜の予想図は、子供だけでなく大人の心もワクワクさせます。

ベルギー王立研究所などの国際研究チームは、4月20日付の科学誌『Nature』に「翼竜の頭にカラフルな羽毛が生えていた痕跡を見つけた」と発表しました。この研究の意義と、恐竜と翼竜の違いや、鳥の先祖について概観しましょう。

今日の鳥は、恐竜の子孫

恐竜は、最新では「鳥とトリケラトプスの直近の共通祖先と、そのすべての子孫」と定義付けられています。この定義だと、首長竜(プレシオサウルスなど)や翼竜(プテラノドンなど)は、恐竜には含まれません。現生の鳥類は、翼竜ではなく恐竜の子孫なのです。

恐竜は、ほぼ陸を生息地としており、直立二足歩行に適した骨格を持つ爬虫類であることが特徴です。後に四足歩行となった種も、「身体が大きくなる前の初期の種は、二足歩行だった」と考えられています。

現生の爬虫類は、ワニやトカゲのように、肢が付け根から地面に平行に伸びてから関節でほぼ直角に曲がって接地します。対して、恐竜はヒトのように付け根から身体の真下に肢が伸びています。このために二足歩行が可能になりました。

また、卵が固い殻に覆われていたため乾燥や衝撃に強く、陸に卵を産むことができました。

いっぽう翼竜は、地球史上初めて空を飛んだ脊椎動物と言われています。かつては小鳥程度から翼を開くと12メートルを超える大きさのものまで生息していて、翼は膜構造をしていました。現生の動物ではコウモリが似た構造の翼を持っていますが、コウモリは親指(第1指)以外のすべての指が膜を支えているのに対し、翼竜の翼は薬指(第4指。第5指は退化)と脚の間だけに膜が張っていました。

翼から離れていて動かせる指が多数あったので、翼竜はコウモリよりも物をつかむのが得意な反面、指1本だけで膜を支えているので飛行の自由度はあまりなかったと考えられています。もっとも、膜には神経や筋肉が張り巡らされていて、膜の形を多様に変化させて飛行制御をしていたという説もあります。

ここで、翼竜が飛行制御を行うだけの高度な知能を持っているとすると恒温動物だったのではないか、そのためには体温を維持する羽毛を持っていた可能性がある、などの指摘もあります。

今回のカラフルな羽毛の発見は、議論を一歩進ませるかもしれません。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ドイツ、極右団体のメンバーとされる25人拘束 国家

ビジネス

来年ただちに増税すること全く考えていない=防衛財源

ワールド

防衛費43兆円計画、過不足ないと了承=自公実務者協

ワールド

中国、無症状感染・軽症者の自宅隔離を容認 コロナ共

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 9

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 10

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中