コラム

翼竜にカラフルな羽毛の痕跡 恐竜との類似点、相違点から進化を考える

2022年05月03日(火)11時30分
恐竜と翼竜

鳥の先祖は翼竜ではなく、恐竜(写真はイメージです) CoreyFord-iStock

<「羽毛恐竜」は過去にも見つかっているが、翼竜では初めて。カラフルな羽毛は、「(現在の鳥類と同様に)異性の注意を引くために使われていた可能性もある」と専門家は語る>

ティラノサウルスにプテラノドン......。中生代三畳紀に現れ、白亜紀に絶滅した恐竜や翼竜の予想図は、子供だけでなく大人の心もワクワクさせます。

ベルギー王立研究所などの国際研究チームは、4月20日付の科学誌『Nature』に「翼竜の頭にカラフルな羽毛が生えていた痕跡を見つけた」と発表しました。この研究の意義と、恐竜と翼竜の違いや、鳥の先祖について概観しましょう。

今日の鳥は、恐竜の子孫

恐竜は、最新では「鳥とトリケラトプスの直近の共通祖先と、そのすべての子孫」と定義付けられています。この定義だと、首長竜(プレシオサウルスなど)や翼竜(プテラノドンなど)は、恐竜には含まれません。現生の鳥類は、翼竜ではなく恐竜の子孫なのです。

恐竜は、ほぼ陸を生息地としており、直立二足歩行に適した骨格を持つ爬虫類であることが特徴です。後に四足歩行となった種も、「身体が大きくなる前の初期の種は、二足歩行だった」と考えられています。

現生の爬虫類は、ワニやトカゲのように、肢が付け根から地面に平行に伸びてから関節でほぼ直角に曲がって接地します。対して、恐竜はヒトのように付け根から身体の真下に肢が伸びています。このために二足歩行が可能になりました。

また、卵が固い殻に覆われていたため乾燥や衝撃に強く、陸に卵を産むことができました。

いっぽう翼竜は、地球史上初めて空を飛んだ脊椎動物と言われています。かつては小鳥程度から翼を開くと12メートルを超える大きさのものまで生息していて、翼は膜構造をしていました。現生の動物ではコウモリが似た構造の翼を持っていますが、コウモリは親指(第1指)以外のすべての指が膜を支えているのに対し、翼竜の翼は薬指(第4指。第5指は退化)と脚の間だけに膜が張っていました。

翼から離れていて動かせる指が多数あったので、翼竜はコウモリよりも物をつかむのが得意な反面、指1本だけで膜を支えているので飛行の自由度はあまりなかったと考えられています。もっとも、膜には神経や筋肉が張り巡らされていて、膜の形を多様に変化させて飛行制御をしていたという説もあります。

ここで、翼竜が飛行制御を行うだけの高度な知能を持っているとすると恒温動物だったのではないか、そのためには体温を維持する羽毛を持っていた可能性がある、などの指摘もあります。

今回のカラフルな羽毛の発見は、議論を一歩進ませるかもしれません。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国、米会合で貿易制限に懸念表明 生産能力問題も協

ビジネス

ベトナム中銀、サイゴン商銀に前代未聞の240億ドル

ビジネス

モルガンS、アジア投資銀行部門で少なくとも50人削

ワールド

焦点:少子化財源に日銀ETF活用案、支援金巡り「埋
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story