注目のキーワード

コラム

未来予想図の答え合わせ 100年前、50年前、そして50年後はどんな世界に?

2022年01月11日(火)11時30分

健康カプセルは、多機能のミニプライベートルームです。球形のカプセルの中に、ベッドにもなる電動リクライニングシートを中心に、テレビ、ステレオ、テレビ電話、冷蔵庫、調光装置、空調装置、ミニテーブルなどがセットされていました。日本初のカプセルホテルの開業は1979年ですから、カプセルホテルを先取りしているだけでなく、実際よりも盛りだくさんな機能がついた装置でした。

同じく大阪万博に出展した三菱未来館(三菱グループ提供)のテーマは、「50年後の日本 陸・海・空」、つまり2020年の未来予想でした。展示で紹介された未来予想のいくつかを、2022年時点で◯(実現済み)、△(一部実現済み)、×(未実現)に分けてみましょう。

◯世界中のテレビ中継が見られる。
◯教育の国際的交流が広がり、留学も簡単にできるようになる。
◯淡水魚の養殖技術が発達する。
◯未来住宅の室内には、壁掛けテレビ、ホーム電子頭脳、電子調整器などが普及する。

△人工臓器は健康な体の一部として活躍する。
△家事はすべて機械がやるため、主婦は電子チェアに座ってボタンを押すだけとなる。
△会社は24時間業務を続けるが、人間の働く時間は1日4時間になる。
△肉体労働は完全に姿を消す。

×ガンは克服され、交通事故の時以外は手術が不必要になる。
×稲作は減少して、酪農に重点を置く。
×グライダー操作や海底散歩が、一般的で人気のあるスポーツとなる。
×プールや自家用ヘリコプターが一般家庭に普及する。

情報化社会とグローバリゼーションは、ほぼ予想通りに到来しました。しかし、家事やビジネスの完全オートメーション化までは達成できませんでした。医学も、疾病の根絶にはまだ時間がかかりそうです。さらに、世界的な人口増加や起因する深刻なタンパク質不足(タンパク質危機)や菜食主義の台頭、環境問題によって酪農が衰退することは、50年前は予想できなかったようです。

30億人がサハラ砂漠並みの気候下で暮らすことに

続いて、現在、専門家によって提唱されている約50年後の2070年の未来予想を見てみましょう。

博報堂生活総合研究所の未来年表によると、2070年頃の世界の人口は約90億人で、その後は減少すると予測されています。国連はもともと「2100年に109億人になるまで、世界人口は増え続ける」と発表していました。けれど2020年に米ワシントン大の研究チームは、「世界人口がピークを迎えるのはもっと早く、2064年に97億人がピーク」と予測しました。ピークが早まったのは、想像を上回るペースで世界的に少子化が進んでいることが主な原因です。

50年後の世界では、地球の平均気温は、温暖化のため、現在よりも1.9~3.4度上昇しています。気温上昇によって、大豆やトウモロコシは収量が減少すると予測されています。南極では解氷が進み、世界の海面は2000年代と比べて0.5m上昇します。さらにオランダのワーゲニンゲン大の研究チームは、「気候変動への対策なしでは、世界人口の3分の1(30億人)は現在のサハラ砂漠と同じくらい暑い地域に住まざるを得なくなる」と警鐘を鳴らします。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米景気後退の可能性は50%程度、欧州も同様=PIM

ビジネス

独ウニパー、政府に支援要請 ガス調達コスト高騰で

ビジネス

スウェーデン中銀、0.5%利上げ インフレ抑制へ追

ビジネス

三菱UFJ、野村HDのタイ証券子会社を212億円で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、スーツケース入りの大金授受が発覚

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 8

    監視カメラ越しに休暇中の飼い主「なんてこった!」…

  • 9

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 6

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 7

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 8

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中