コラム

いよいよスマートスピーカー発売ラッシュ。最後に笑うのは?

2017年09月14日(木)20時00分
いよいよスマートスピーカー発売ラッシュ。最後に笑うのは?

ソニーが発表したGoogleアシスタント対応のスマートスピーカー sony.com

<音声を通じたバーチャルアシスタントはいずれ親友になり、その先は技術革新がモノを言う予測不可能な世界!>

アマゾンEcho(エコー)に代表されるスマートスピーカーと呼ばれるタイプの電子機器の発表、発売ラッシュが始まった。年末から来年にかけて日本国内でも、アップル、グーグル、サムスン、LINE、パナソニック、オンキョー、ソニーなどといった有力プレーヤーから次々と関連製品が発売になる見通しで、ポストスマホ時代の覇権争いが本格化することになる。そんな中、アマゾンとマイクロソフトがこの領域での提携を発表するなど、早くも合従連衡の動きも始まった。ポストスマホ時代の覇者は、どのような企業になるのだろうか。あえてこの段階で、今後のシナリオを予測しておきたい。

スマートスピーカーとは、バーチャルアシスタントと呼ばれるような人工知能(AI)が搭載された電子機器。iPhoneのバーチャルアシスタント「siri」のようなものが載ったスピーカーと考えればいいだろう。ボタンを押すなどの操作は必要なく、話しかけるだけで質問に答えてくれたり音楽をかけてくれるのが特徴だ。

米国ではアマゾンのスマートスピーカー「アマゾンEcho」が市場を席巻しているが、いよいよ日本でもスマートスピーカーの発売ラッシュが起ころうとしている。

スマートスピーカーは、日本でもヒットする?

米国同様に、日本でもスマートスピーカーは大ヒット製品になるのだろうか?

恐らくスマートスピーカーは、最初はそれほど売れないだろうと思う。現時点では、スマートスピーカーにできることが、非常に限られているからだ。

スマホを取り出さずに、音声コマンドだけで時刻や天気予報を聞けるのは確かに便利だ。「東京の人口は?」といった疑問に、すぐに答えてくれるのはありがたい。しかしその程度のことのために新しいデバイスを買う人が、果たしてどれくらいいるのだろうか。

ただ音楽好きには、魅力的なデバイスかもしれない。「日曜の朝にふさわしいリラックス音楽をかけて」と話かければ、ゆったりとしたムードの音楽をかけ続けてくれる。アマゾンのジェフ・ベゾス氏は、声で操作できることで、家のなかでの音楽の楽しみ方が大きく変化するという。「だれもが気軽に音楽を楽しむようになり、音楽に接する機会が増える。音楽業界は全盛期に向かっているんです」と語っている。

プロフィール

湯川鶴章

ITジャーナリスト。
新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、株高には反応薄で軟調

ワールド

北朝鮮は休戦協定違反、韓国亡命の兵士巡り=国連軍司

ワールド

NAFTA再交渉、自動車など重要項目で溝埋まらず

ビジネス

米インフレは回復へ、ただし「非常に不確か」=イエレ

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!