コラム

いよいよスマートスピーカー発売ラッシュ。最後に笑うのは?

2017年09月14日(木)20時00分
いよいよスマートスピーカー発売ラッシュ。最後に笑うのは?

ソニーが発表したGoogleアシスタント対応のスマートスピーカー sony.com

<音声を通じたバーチャルアシスタントはいずれ親友になり、その先は技術革新がモノを言う予測不可能な世界!>

アマゾンEcho(エコー)に代表されるスマートスピーカーと呼ばれるタイプの電子機器の発表、発売ラッシュが始まった。年末から来年にかけて日本国内でも、アップル、グーグル、サムスン、LINE、パナソニック、オンキョー、ソニーなどといった有力プレーヤーから次々と関連製品が発売になる見通しで、ポストスマホ時代の覇権争いが本格化することになる。そんな中、アマゾンとマイクロソフトがこの領域での提携を発表するなど、早くも合従連衡の動きも始まった。ポストスマホ時代の覇者は、どのような企業になるのだろうか。あえてこの段階で、今後のシナリオを予測しておきたい。

スマートスピーカーとは、バーチャルアシスタントと呼ばれるような人工知能(AI)が搭載された電子機器。iPhoneのバーチャルアシスタント「siri」のようなものが載ったスピーカーと考えればいいだろう。ボタンを押すなどの操作は必要なく、話しかけるだけで質問に答えてくれたり音楽をかけてくれるのが特徴だ。

米国ではアマゾンのスマートスピーカー「アマゾンEcho」が市場を席巻しているが、いよいよ日本でもスマートスピーカーの発売ラッシュが起ころうとしている。

スマートスピーカーは、日本でもヒットする?

米国同様に、日本でもスマートスピーカーは大ヒット製品になるのだろうか?

恐らくスマートスピーカーは、最初はそれほど売れないだろうと思う。現時点では、スマートスピーカーにできることが、非常に限られているからだ。

スマホを取り出さずに、音声コマンドだけで時刻や天気予報を聞けるのは確かに便利だ。「東京の人口は?」といった疑問に、すぐに答えてくれるのはありがたい。しかしその程度のことのために新しいデバイスを買う人が、果たしてどれくらいいるのだろうか。

ただ音楽好きには、魅力的なデバイスかもしれない。「日曜の朝にふさわしいリラックス音楽をかけて」と話かければ、ゆったりとしたムードの音楽をかけ続けてくれる。アマゾンのジェフ・ベゾス氏は、声で操作できることで、家のなかでの音楽の楽しみ方が大きく変化するという。「だれもが気軽に音楽を楽しむようになり、音楽に接する機会が増える。音楽業界は全盛期に向かっているんです」と語っている。

プロフィール

湯川鶴章

ITジャーナリスト。
新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!