コラム

80年代のマフィア戦争から歴史的な大裁判、『シチリアーノ 裏切りの美学』

2020年08月27日(木)15時45分

『シチリアーノ 裏切りの美学』(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM (C)LiaPasqualino

<コーザ・ノストラに忠誠を誓った男は、なぜ「血の掟」を破り、政府に寝返ったのか?...... >

実話に基づくイタリアの巨匠マルコ・ベロッキオの新作『シチリアーノ 裏切りの美学』では、イタリアのパレルモを主な舞台に、1980年から90年代半ばに至るシチリア・マフィア、コーザ・ノストラの激動の時代が描き出される。

80年代初頭、新興マフィアのコルレオーネ派と伝統的マフィアのパレルモ派の間で、麻薬取引をめぐる対立が深まり、冷酷なコルレオーネ派は逆らう者たちを次々に抹殺していく。抗争を避けてブラジルに暮らすパレルモ派の大物トンマーゾ・ブシェッタは、兄を殺され、国に残してきた前妻の息子たちも行方不明になり、自身も逮捕される。

ブラジルで激しい拷問を受け、イタリアの司法当局に引き渡されたブシェッタは、反マフィアの先頭に立つファルコーネ判事から協力を求められる。護送中に自殺を図ったブシェッタは、最初は証言を拒むが、やがてマフィアが守るべきオメルタ(沈黙の掟)を破り、その証言が突破口となって史上最大ともいわれる大裁判が開かれる。だが、その後も捜査の手を緩めず、政界にもメスを入れようとしたファルコーネは、92年に高速道路に仕掛けられた爆弾によって殺害されてしまう。

「長い1980年代」からのパレルモの解放

本作の見所は、血で血を洗う抗争や狂乱の大裁判だけではない。その最晩年までブシェッタの視点を中心に展開する物語は、一連の事件の全体像や歴史的な位置づけを頭に入れておくと、より興味深いものになる。第二次大戦以後のパレルモにおけるマフィアと反マフィアの関係、その歴史を綴ったジェーン・C・シュナイダーとピーター・T・シュナイダーの『Reversible Destiny: Mafia, Antimafia, and the Struggle for Palermo』(03)は、それを知るうえでとても参考になる。

ブシェッタがこの世を去るのは2000年のことだが、同じ年、パレルモでは国際組織犯罪防止条約の署名会議が開かれ、パレルモ・ルネサンスとして称賛された。かつて「マフィアの中心地」だったパレルモは、90年代末に「反マフィアの中心地」であることを世界にアピールするようになった。

この大きな変化の鍵になったのが、「長い1980年代」からのパレルモの解放だ。1978年から92年にかけて、コルレオーネ派がパレルモの伝統的マフィアを潰しにかかり、毎年100人かそれ以上の命が奪われた。その原因は麻薬取引だったが、シチリアではマフィアが地域社会に根を下ろし、国や地方の政治と絡み合っていたため、多くの人々がそれをシチリアの「運命」と考えていた。

しかし、シチリア社会も国際情勢も変化しつつあった。建設産業を牛耳るマフィアは、労働者を支配していた。本作にも、裏切り者となったブシェッタが、「仕事をくれるマフィア万歳」というプラカードを掲げた労働者たちのデモ行進を目にする場面がある。その一方で、増加する中流階級が、反マフィアの原動力となり、運動を広げていた。

過去20年間の警察と司法の取り締まりや社会運動は、戦後シチリア社会の近代化の産物であり、特にパレルモでは教育を受け、専門化された社会集団が急増していた。そうした社会集団は、政治的、文化的な活動を通して、「名誉ある男」とされてきたマフィアを犯罪者と呼ぶなど、組織犯罪を容認する地元の慣習に異議を唱えるようになった。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国の住宅買い換えキャンペーン、中古物件

ワールド

北朝鮮の金総書記、新誘導技術搭載の弾道ミサイル実験

ワールド

アフガン中部で銃撃、外国人ら4人死亡 3人はスペイ

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、25年に2%目標まで低下へ=E
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 3

    存在するはずのない系外惑星「ハルラ」をめぐる謎、さらに深まる

  • 4

    「円安を憂う声」は早晩消えていく

  • 5

    中国のホテルで「麻酔」を打たれ、体を「ギプスで固…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    無名コメディアンによる狂気ドラマ『私のトナカイち…

  • 8

    他人から非難された...そんな時「釈迦牟尼の出した答…

  • 9

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 10

    チャールズ英国王、自身の「不気味」な肖像画を見た…

  • 1

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 2

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 9

    常圧で、種結晶を使わず、短時間で作りだせる...韓国…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story