Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2017年3月15日発売

0歳からの教育 知育編

2017年3月15日発売 / 787円(税別)

理想の子育て 赤ちゃんの可能性と自然な知力の伸ばし方

生まれながらにしてインターネット環境があり、スマホやタブレットに囲まれている。
そんなデジタル・ネイティブな赤ちゃんや幼児はデジタル・デバイスとどう付き合えばいいでしょうか。
英語もいよいよ2020年から小学3年生の必修化が始まります。
バイリンガル・キッズに育てるための0歳からの英語教育とは?
最新の科学的な知見に基づいた情報だけでなく、激変する赤ちゃんを
取り巻く環境も考慮に入れた『0歳からの教育』最新版。
新米パパとママ必読のムックです。
[第1章]DEVELOPMENT
発達 1人ひとりの成長の扉を開けて
ガイドライン ぐんぐん育って大きくなあれ
成長 小さな脳の驚きの成長パワー
●歌や楽器が知能を育てるって本当?
心理学 「ハッピーだから笑う」よりも深い意味
授乳 たっぷりの母乳で脳も育つ
科学 未熟な腸を「指導」、驚きの母乳効果
食事 偏食しない子はこうして作る
●楽しいおしゃべり上達のステップ
免疫 アレルギーを正しく怖がる
●「早期に食べて予防」が常識に?
病気 不安なだけで病院に行かないで
睡眠 すやすや眠らせる秘訣はどこに
[第2章]ENGLISH
言語習得 言葉を覚える魔法のプロセス
早期英語教育 楽しみながら学ぶバイリンガルへの道
文字 英語の読み書きを身に付けるには
●英語で読みたいおすすめ絵本
教材 幼児用英語教材は本当に役立つか
幼稚園 プリスクールの賢い選び方
家庭 バイリンガルの親は子供に何語で話す?
[第3章]DIGITAL LEARNING
指針 テレビとiPadの視聴時間という難題
視点 テレビを見せるのは親のさぼり?
IT 「教育」アプリは玉石混交の無法地帯
テクノロジー デジタル時代の賢いおもちゃ選び
ネット フェイスブックがママを悩ます
SNS 子供たちの匿名性を親が奪わないで
娯楽 「ゲームで頭がよくなる」という研究の衝撃
コンピューター 次の一手はプログラミング教育
[第4章]PARENTING
家庭教育 子供の発達のため親ができること
甘え 抱っこモンスターは親子の絆の証し
性格 思いやりある子に育てるために
性差 男の子と女の子の違いは生まれつき?
心理 褒めて伸ばす、はほどほどに
ノウハウ 正しく使えばご褒美も効果あり
●試される親力! こんな時どうする?
父親 「イクメンです」とは言うけれど
変化 「量より質」がパパの子育てのカギ
運動 日々の遊びは最高のエクササイズ
習い事 賢く元気に育てる早期教育の極意
分析 子供の成長と保育園の本当の関係
From the Editors

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 2

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された子供たちは...

  • 3

    トランプ大統領、トランスジェンダーの米軍入隊を禁止へ 訴訟の恐れも

  • 4

    モスル奪還作戦、写真で見るISISとの戦いの恐怖

  • 5

    シングルペアレント世帯の貧困率が世界一高い日本

  • 6

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 7

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 8

    セッションズ司法長官をクビ!にトランプ支持層が激…

  • 9

    日本製武器の世界での競争力は

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 7

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!