注目のキーワード

コラム

吉野家「外国籍」騒動の根深さ

2022年05月23日(月)14時30分
吉野家

Yuriko Nakao-REUTERS

<問題は「実は日本国籍なのに、本人確認がなく、外国籍だと誤認された」ことだけなのか。根本的な問題は他にもある>

一人の大学生のツイッター投稿から、牛丼チェーンの吉野家が国籍を理由に新卒採用説明会の参加を断っていたことが分かった。

吉野家は昨年から「外国籍と思われる学生」の参加を断っており、過去に内定した外国籍の学生が就労ビザを取得できなかった事例をその理由としている。

私が違和感を持ったのは、今回参加を拒否された学生が「実は日本国籍であるのに外国籍だと吉野家に誤認された」点にフォーカスした報道が多かったことだ。吉野家も各社の取材に「本来あるべき本人確認の手続き」がなかった、「説明と確認が不足し、誠に申し訳ない」と応えている。

だが、考えるべきポイントは本当にそこ(だけ)なのだろうか。

もちろん国籍の誤認という問題はある。

吉野家は「氏名、住所、学校などの情報から総合的に判断」としているが、本人に聞かずに「日本人かどうか」を安易に決め付ければ誤りがあって当然だし、そもそも名前や住所から国籍を推定しても問題ないという姿勢自体がどうかとも思う。

同時に、外国籍の採用候補者を一律に排除するということをしていなければ、今回のような事態には初めからなっていないという点も見逃せない。

国籍の誤認が意味を持つ前提に、国籍による選別がある。より根本的な問題は後者ではないか。

外国籍者の就労についての理解も乱暴だ。

同じ外国籍者と言ってもさまざまな在留資格があり、永住者など就労に制限のない在留資格を持っている場合には、内定後に就労ビザが取得できずに云々(うんぬん)という事態など起こり得ない。

それにもかかわらず、単に外国籍だからという理由で説明会すら参加させないのはどうか。そこにある差別性は明らかだろう。

また、留学生など内定後に就労ビザが必要な在留資格だとしても、それだけで排除の正当な理由にはならない。ましてや吉野家はホームページで「外国籍社員の積極的な登用」をアピールしている企業だ。

「現地採用や国内留学生の採用と合わせて、20名以上の外国籍社員が働いています」。これを読み、まさか自分が国籍を理由に説明会にすら参加できないと思う留学生はいないだろう。

そして、ここにはもう一つ別の論点もある。それは、各地の吉野家の店舗では、留学生など「20人」よりもっと多くの外国籍者がアルバイトとして働いているだろうということだ。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、仏大統領と電話会談 「ロシアの核

ワールド

米、ICBM発射実験実施 「核抑止力の有効性確認」

ビジネス

米ホーム・デポ、第2四半期は予想上回る 価格上昇な

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中