コラム

「私は信じております」自民党の統一教会報告は逆効果だ

2022年09月20日(火)16時35分
茂木敏充

自民党の茂木敏充幹事長は「私は信じております」と言うが…… Issei Kato-REUTERS

<9月8日に党所属議員と旧統一教会・関連団体との関係についてのアンケート結果が発表されたが、多くの人はそれを信じられない。茂木幹事長の言葉にその根本原因のヒントがある>

9月8日に自民党の茂木敏充幹事長が党所属の国会議員と旧統一教会やその関連団体との関係についてのアンケート結果を報告した。

茂木氏はこれまで党としての「組織的関係」は一切ないと説明してきたが、今回確認を求めた379人のうち何らかの接点があったと回答した議員は179人に上り、全体のほぼ半数を占めることが明らかになった。

少し前の8月31日の会見では、岸田首相が「政治に対する国民の皆様の信頼が揺らいでいる」との考えを示し、「自民党総裁として率直におわびを申し上げます」と謝罪の言葉まで述べた。

福田達夫総務会長(当時)が「何が問題かよく分からない」と発言したのが7月末だったが、厳しい世論の状況が明らかになるにつれ、自民党のスタンスが急激な変化を遂げたことがよく分かる。

その結果としての「点検」ではあった。だが公表後の世論調査も芳しくない。

朝日新聞の調査(9月10、11日)では、自民党の政治家が旧統一教会との関係を「断ち切れない」との回答が81%に上った。同日のNHKの調査でも、旧統一教会問題への自民党の対応は「不十分だ」が65%で、自民党支持層に限っても56%と半数を超えた。

岸田首相が回復に取り組むと宣言した「信頼」は、今も大きく低下したままだ。

その根本的な原因はどこにあるのか。茂木氏が8日の会見で述べたある言葉がヒントになる。

「アンケートに記載のない関係が新たに指摘された場合はペナルティを考えているのか」との趣旨の質問に対し、茂木氏はこう答えた。

「悪意に隠していると、こういうケースはないと、こんなふうに私は信じております」

ここで茂木氏が表明しているのは、点検対象である議員たちへの何の根拠もない「信頼」だ。彼らが嘘をつくことはない、旧統一教会との関係をあえて隠すことはないと、そう言っているわけである。

だが、現下の問題はその「信頼」自体の喪失だったはず。茂木氏が「信じております」という議員たちのことを、多くの人々は信じることができない。

プロフィール

望月優大

ライター。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。著書に『ふたつの日本──「移民国家」の建前と現実』 。移民・外国人に関してなど社会的なテーマを中心に発信を継続。非営利団体などへのアドバイザリーも行っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7と豪、ロシア産石油上限60ドルで合意 EUも参

ワールド

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和 

ワールド

EU、ロ産原油価格上限で週末にも正式合意 禁輸後の

ワールド

アングル:ハッカーの標的にされた豪、データ漏えいに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 9

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 10

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中