コラム

LINE、GoogleのクラウドAI戦略を比較してみた

2017年06月19日(月)14時00分
LINE、GoogleのクラウドAI戦略を比較してみた

開発者向けカンファレンスGoogle I/Oで行われた「グーグルホーム」のプレゼンテーション(5月17日) Stephen Lam-REUTERS

<スマートスピーカー競争の裏にあるクラウドAI競争で勝つのはアマゾンか、グーグルか、LINEか>

LINEは、6月16日のLineカンファレンス2017で、Googleは5月17ー19日のGoogleI/Oで、それぞれのクラウドAI戦略を発表してきた。

クラウドAIとは、クラウド(ネット上のコンピューター)に設置された人工知能のこと。iPhoneのsiriやAndroid端末のGoogle AssistantといったAIは、実はスマートフォン上にAIがあるのではない。ユーザーは、ネットを通じてクラウド上のAIとのやり取りをしているのだ。

クラウドAIには、今後いろいろなデバイスがつながってきて、いろんなデバイスを通じてクラウドAIがユーザーを支援するようになると言われている。ときには有能な秘書のように、ときには親友や家族のように、いろいろな作業を手伝ってくれたり、親身に話を聞いてくれるようになるだろう。

当然クラウドAIは今後消費者に対し、かなり大きな影響力を持つようになる。一方で、「秘書」や「親友」は、少数で十分。自分のプライバシーはできるだけ、拡散したくないからだ。そこで少数の「秘書」や「親友」の地位をめぐって、テック大手が今後、しのぎを削ることが予想されるわけだ。

【参考記事】テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

クラウドAIの覇権争いで、一歩先を進んでいるのが、スマートスピーカーAmazon Echoを米国で普及させることに成功した米Amazon。家電メーカーなどが一斉に、AmazonのクラウドAI「Alexa」の技術仕様に準拠し始めた。米国で新しく発売される家電製品の多くは、Amazon Echoを通じて音声でコントロールできるようになっているという。

【参考記事】日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

一方でAmazonを激しく追撃しているのが、日韓のホープ、LINEと、米Googleだ。

LINEとGoogleのクラウドAI戦略はどういう点が似ていて、どういう点が異なるのだろうか。簡単に比較してみた。

デバイスではなくクラウドAIの戦い

まずは似ている点だが、両社ともデバイスではなく、その後ろにあるクラウドAIの勝負であることを強調している点だ。世界のハイテク大手が次々とスマートスピーカーを発表し始めたので、スマートフォンの次の主戦場はスマートスピーカーのように見えがちだが、LINE、Googleはそれぞれのカンファレンスで、彼らの狙いはスマートスピーカーを普及させることではなく、クラウドAIを普及させることだと強調している。

【参考記事】LINEのAIプラットフォーム「Clova」の何がすごいのか解説しよう

Amazonに追いつき、追い越すために、戦略を明らかにすることで、できるだけ多くのサードパーティの協力を募ろうとしているのかもしれない。

プロフィール

湯川鶴章

ITジャーナリスト。
新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

イタリア地方選、同盟が躍進 五つ星に比肩する支持獲

ビジネス

高島屋、18年3―5月期は増収増益 インバウンドや

ビジネス

欧州銀行監督機構、銀行に英のEU離脱対策急ぐよう警

ビジネス

ギリシャにとってクレジットポジティブ、債務軽減で=

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年…

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 10

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!