コラム

人工知能が加速させるボイス革命

2016年06月06日(月)17時00分

German-iStock.

<テクノロジー界の次の覇権争いが始まった。狙うのは音声技術の市場。キーボードやスマートホンより速くて容易な入力技術として期待を集める。音声の認識率も、AIのおかげで数年前の70%から現在の90%に向上。これが99%に達すれば、世界が一変すると言われている>

 米シリコンバレー関係者が大注目するMeekerリポートが今年も発表された。Meekerリポートとは、シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタルKleiner Perkins Caufield Byersに所属するベンチャーキャピタリストMary Meeker氏が毎年発表している「インターネット・トレンド」と呼ばれる調査報告書のこと。詳細なデータをベースに行う未来予測として、最近では米国の産業界全体で注目されるほど評価が高くなってきている報告書だ。

 今年の報告書の中で同氏は、特に機械と人間の接点部分である「インターフェース」領域で2つの技術分野に注目し、詳細なデータで近未来を予測をしている。その2つとは音声と自動走行車だ。

 音声技術に関しては、2ヶ月前にこの連載コラムで取り上げ、少々フライング気味ではあるものの、その覇権争いの行方まで大胆予測した。(次のキーテクノロジーは音声、次の覇者はAmazon

 今回音声技術がMeekerリポートに取り上げられたことで、音声技術に対する産業界の注目はさらに高まることになりそうだ。

 そこで今回のコラムでは、1)Meekerリポートが音声技術をどのように取り上げているのか、2)4月のコラム執筆の時点から今までの2カ月間でどのような動きがあったのか、について報告したい。

iPhoneは山を超えた。次はAmazonの時代

 今回のMeekerリポートは、音声認識に関しては「人間とコンピューターのインタラクションの新たなパラダイムとして音声を考える」と題し約20枚のスライドで詳細に解説している。

 それによると、音声認識技術はここ数年で性能が格段に向上しており、Googleの音声認識技術の認識率を見ても2010年には70%だったのが2016年には90%にまでなっているという。

【参考記事】グーグルの通訳フォンに重大な疑問

 性能の向上に伴い利用する人も増えているようで、米国で音声アシスタントを利用するユーザーの割合が2013年には30%だったのが、2015年には65%に伸びている。

 確かに私自身の感覚としても、iPhoneのsiriやGoogleNowの音声認識率はここ数年でかなり性能がアップしている。なのでLINEのやりとりも、最近はキーボードで入力するよりも音声で入力することのほうが増えてきている。

 同リポートによると米国での音声認識技術の利用シーンとしては、「家庭内」と答えた人が最も多く43%で、次いで「自動車の中」が36%だった。以前のコラムでも取り上げたAmazonのスピーカー型バーチャルアシスタントのEchoは、その家庭内のニーズにうまく応えたことで大ヒットしているわけだ。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

ビジネス

米、中国との首脳会談検討 秋のG20で実現も=大統

ビジネス

米上院の超党派グループ、半導体分野への投資に対する

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中