最新記事

テクノロジー

グーグルの通訳フォンに重大な疑問

言語の異なる相手と通話できる自動通訳システムを開発中というが、私たちの会話をサーバーに保存するつもりなのか

2010年2月9日(火)17時23分
ケビン・ケラハー(テクノロジーライター)

夢の携帯 音声認識+自動翻訳=電話傍受機? Lucas Jackson-Reuters

「異なる言語を話す人同士の電話での会話をほぼ瞬時に翻訳する技術が登場した」という英タイムズ紙電子版の記事が議論を呼んでいる。グーグルの携帯用OSアンドロイドを搭載した電話が小型の自動通訳フォンに変わるというのだ。

「グーグルは音声認識と自動翻訳という既存の技術を発展させ、2年から3年以内に基本的なシステムを完成することを目指している。世界には6000語以上の言語があるが、成功すればコミュニケーション革命が起きる可能性がある」と、記事は報じている。

 近年大きな進歩を遂げている自動翻訳と音声認識という2つの技術を結合させるアイデアだ。発想自体は新しくない。グーグルは05年に行われたマスコミ向けの工場見学会でこの技術についてほのめかしていた。完成まであと数年かかるが、この新技術はちゃんと完成するのか、そうなったら私たちの生活はどう変わるのか、という議論に花が咲いている。

会話の内容も広告に利用される?

 この技術についての私の第一印象は少し違った。異なる言語を話す2人の人間がグーグルの翻訳技術を使って会話するなら、その会話はグーグルのサーバーを経由することになる----。ということは、グーグルは自分たちのサーバー上にこれらの会話を保存する気なのか?

 電話の会話を翻訳するためには、グーグルは話された言葉をまずテキストデータに変換し、それから翻訳しなければならない。つまり、グーグルはサーバーに翻訳されたすべての会話を保存することができる。現在グーグルがウェブでユーザーにさまざまなサービスを提供しながら、ユーザー個人の検索履歴やほかの情報を記録しているのと同じやり方だ。もちろんこのデータはグーグルの莫大な収益源であるターゲット広告に大いに役に立つ。

 抜け目ないグーグルのことだから、利用者に翻訳された会話をサーバーに保存しない選択肢を与えるだろう。今は称賛ばかりのこのアイデアだが、そのうち疑問視されるようになるはずだ。政府による傍受を嫌がる人たちが、グーグルだったらまあいい、となるだろうか?

*The Big Money特約
http://www.thebigmoney.com/ 

ニュース速報

ビジネス

アングル:ショートよりロング偏重、株高の裏にある投

ビジネス

ワクチン巡る報道でS&P反落、ナスダックは最高値

ワールド

北海ブレント先物が3月以来の高値、OPECプラス減

ワールド

世界コロナ死者150万人突破、9秒ごとに1人死亡 

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月