コラム

フランスとイスラム原理主義の果てしない「戦争」の理由

2020年10月23日(金)15時30分

そこで問題となるのが、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が、イスラム教徒に対するヘイトスピーチとみなされるのか否かということだ。この問題については、在仏イスラム教徒の団体が、ムハンマドの風刺画を掲載したシャルリエブド紙に対して何度か訴訟を起こしている。その一例が、下の風刺画の号である。

RTR1AIPI.jpg

2006年2月8日付シャルリエブド紙 REUTERS/Regis Duvignau

ここに描かれているのは、ムハンマドだ。左上のタイトルに、「イスラム原理主義者に忙殺されるモハメッド」と記されている。モハメッドは「馬鹿に好かれるのはつらい」と言って頭を抱えている。つまり、この風刺画が言わんとするのは、イスラム教徒の中に馬鹿な原理主義者のテロリストがいて、そのおかげであたかもイスラム教そのものがテロリストの宗教であるかのごとき偏見を持たれていることに対し、実はイスラム教の創始者であるムハンマド自身も嘆いているのではないかということだ。

これは非イスラム教徒にとっては、風刺や諧謔と受け止められるが、イスラム教徒にとっては、笑って済まされるものではない。それどころか、偶像崇拝を禁忌とするイスラム教徒にとっては、ムハンマドが具象化され戯画化されていること自体が、イスラムを冒涜し、イスラム教徒を侮辱していると映るわけだ。

しかし、この訴訟は、シャルリエブド紙側の勝利に終わる。裁判所は、この風刺画には、イスラム教徒を「直接かつ根拠なく侮辱するという確固たる意志」が認められないという判断を下し、イスラム教徒団体の訴えを却下した。つまり、ムハンマドの風刺画は、ヘイトスピーチに当たらないと判示したのである。この他にも同様の訴訟が提起されているが、ムハンマドの風刺画に関してはいずれもシャルリエブド紙側が勝訴しており、判例として定着している。

「宗教の冒涜」は許されるのか

そこで次に問題となるのは、たとえイスラム教徒に対する侮辱ではないとしても、イスラム教徒の禁忌とする偶像を描くことによって、イスラム教そのものを冒涜しているのではないかという問題である。すなわち、人の信じる宗教に対して、それを冒涜する言動・表現が、「表現の自由」の名の下で、許されるのかという問題である。

この問題に関わってくるのが、フランス独特の「ライシテ(政教分離)」という法原則である。フランス革命によって誕生した共和政の推進者たちが、その後長い間、王権と結びついていた教会の権力と影響力を排除する戦いを続けた結果、1905年にようやく、国家と宗教の分離を法制化(政教分離法)して以来、フランスでは、いかなる宗教に対しても国家は中立的な存在となり、また逆に、宗教の国家に対する支配をいっさい認めないという法原則が確立されている。

一方、個人の信仰の自由は、基本的人権の一つとして当然認められるが、人が宗教を信じることも信じないことも自由とされ、さらに人が宗教を否定することも冒涜することも、国家がこれを禁止することはできないという、徹底した政教分離の考え方が貫徹されている。したがって、フランスの法律には、「宗教の冒涜」という概念はない、とされる。つまり、フランスでは、「宗教の冒涜」は当然に許されるべき行為なのである。

このことは、つい最近も、マクロン大統領によって改めて、確認されている。同大統領は、9月4日にパンテオンで行われた第3共和政発足150周年記念式典で、共和国の理念に関する演説を行い、その中で、「表現の自由」と「ライシテ」について、次のように述べている。


「フランスでは、良心の自由に加え、ライシテも保障されています。この法原則は、世界でも他に例を見ない独特のもので、信仰する自由も信仰しない自由も保障していますが、表現の自由と密接不可分であり、神を冒涜する権利すら含まれるのです」(下線は筆者)

だが、ここでいう「神を冒涜する権利」とは、歴史的経緯として、キリスト教中心の社会において、その構成員がキリスト教を肯定するか否定するかという文脈の中で、形成され確立されたものであって、本来、イスラム教など他者の宗教についてまで踏み込んで冒涜することは想定されていなかったはずである。イスラム教徒からすれば、フランス人がキリスト教に関して「神を冒涜する権利」があることに異議を唱えるものではないが、イスラム教に関してまで「神を冒涜する権利」があると言われると、心穏やかであろうはずがない。

かつては、フランス社会の中に、イスラム教徒はほとんどいなかったので、特に問題となることはなかったが、今やフランス社会には数百万人ともいわれるイスラム系移民が存在する。そのことの自然の結果として、「神を冒涜する権利」がイスラム教にまで拡大適用されることになってしまったのだ。

かりに、こうしたフランスのルールを、フランス国民たるイスラム教徒に認めさせることができたとしても、フランス国民ではないイスラム教徒には通用しない。フランスでイスラム教が冒涜されたというニュースが伝われば、他国にいる多くのイスラム教徒によって弾劾される。そしてそれが、イスラム原理主義のテロに格好の口実を与える。

こうした不幸な悪循環の結果、フランスの理念とイスラム原理主義の「戦争」は、果てしなく続いている。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中