安部かすみ

ニューヨーク在住ジャーナリスト、編集者
日本の出版社で音楽誌面編集者、ガイドブック編集長を経て、07年よりニューヨークの出版社に勤務。シニアエディター職を経て14年に独立。cross fmにレギュラー出演中。雑誌やニュースサイトで、ライフスタイルや働き方、グルメ、文化や習慣、テック&スタートアップ、社会問題など、現地発の最新情報を発信。著書:『NYのクリエイティブ地区ブルックリンへ 旅のヒントBOOK』(イカロス出版)。所属団体:在外ジャーナリスト協会 Global Press、米政府機関の在外プレス組織 NY Foreign Press Center 会員。

ツイッター

「もはや安全な場所ではない」セクシースーパーモデル、ジジ・ハディッドもツイッターを去る

2022.11.10
セレブ

「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、「ひじょうに下品」と言われたドレスに反論

2022.10.28
セレブ

黄金比から見た「世界でもっとも美しい女性」発表。トップ10入りしたアジア人女優とは?

2022.10.26
セレブ

スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、ドレスを吹き付けられる

2022.10.14
ライフ

「美しい...」91歳の現役スーパーモデル 米誌カバーを飾り、ヌードも披露して話題に

2022.10.11
王室

英女王国葬の裏側 デンマーク皇太子妃の招待状が密かに「取り消された」ワケ

2022.10.03
ワクチン

米・進むワクチン義務化と分断。7人に1人が「接種か否か」で友情にヒビ?

2021.09.22
人種問題

アジア系へのヘイトクライム急増、女性誌編集長のアジア人侮辱ツイートが大問題に

2021.03.19
インターネット

ウィキペディア誕生から20年、今や「もっとも信頼できる」サイトに?

2021.01.21
コロナ禍の社会

コロナ禍で資産急増? 世界の大金持ちは「より大金持ち」に

2020.09.24
アメリカ社会

小6男子生徒をレイプ、服役、結婚、離婚、癌... 愛を貫き逝った元小学校教師

2020.07.10
人種問題

「ホワイトニング」もNG? 黒人差別反対運動から進むネーミング変更

2020.06.30
コロナ禍の世界

アメリカ、コロナ拡大阻止で受刑者を釈放。わざと感染しようとする者も?

2020.05.14
ニューヨーク

コロナ失業もNYのセレブシェフは富裕層のお抱えで収入倍増のケースも

2020.05.13
新型コロナウイルス

引き取り手のない遺体を埋葬しているNY市ハート島とは?

2020.04.15
感染症

ニューヨーク感染者急増 ホームレス・シェルターの感染封じ込めは困難

2020.03.26
訴訟

アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産を巡り揺れる遺族

2020.02.19
中国

香港からサイパンに向かっていた日本人女性が、空港で妊娠検査を強要された......その理由は?

2020.01.24
ミスコン

女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優勝する時代に

2019.12.25
シニアライフ

104歳にして狩猟免許を初取得したスーパーおばあちゃん 鹿を一発で射止める

2019.12.10
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中