最新記事

セレブ

「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、「ひじょうに下品」と言われたドレスに反論

2022年10月28日(金)18時50分
安部かすみ

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス.....と話題がつきないエミリー・ラタコウスキー REUTERS/Stephane Mahe

<女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。かつて着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った......>

女優でモデルのエミリー・ラタコウスキーの動向が、またアメリカで注目されている。

ハーパーズバザー誌のYouTube企画『ファッション・フラッシュバック』で、自身のこれまでのファッションについて解説したラタコウスキー。動画の中で、2016年9月に着用したドレスについて「おそらく自分史上、もっとも物議を醸したファッション」と振り返った。

確かに目のやり場に困ってしまいそうな「問題のドレス」は、ファッションデザイナーのジュリアン・マクドナルド氏の作品で、そのドレス姿について「非常に下品」と非難され、彼女のエージェントは「セクシー過ぎる」と怒り、ネットでは大きな論争になったと語った。

また本人は、今でもこのドレスはお気に入りで、着用を決めた当時の自分の意思は変わっていないという。「当時20代だったし、そのドレスについてそれほどセクシーとも思わなかった」。また「(メディアや聴衆に)注目を集めたいからこんなセクシーで下品なドレスを着たのだろう」と言われたことについては、「セレブとしてレッドカーペットを歩くのは何より注目を集めたいからで、興味深いコメントだった」とも話した。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

ブラピと交際?バイセクシャル? 今度はDJと路上キス......

フェミニストとして知られるラタコウスキーは、これまで何度も性差別問題について発言してきた。2017年には、自身のトップレスの写真に対して「彼女をフェミニストと見なすべきではない」と発言した英キャスターのピエール・モーガンに対して遺憾の意を表明したこともある。

そんな彼女だが、最近はファンの間で「バイセクシャルであることをカミングアウトか」という噂も出た。彼女自身が何かを発言したわけではなかったが、10月10日に投稿したTikTokで「あなたがバイセクシャルなら(バイセクシャル女性の必需アイテムとしてオンライン上でトレンドの)緑色のベルベットのソファは持っている?」という質問を受け、ラタコウスキーの表情に思わせぶりな笑みが浮かんだことから「彼女流のカミングアウトではないか」と噂されたのだ。

プライベートでは2021年、映画プロデューサーのセバスチャン・ベア=マクラ―ドとの間に息子を授かったばかり。現在は離婚を申請しており、シングルマザーとして子育てをしている。最近になりブラッド・ピットとの交際の噂が取り沙汰されもしたが、10月に発売された『バラエティ』誌のインタビューで「人生で初めてシングルになったばかり」「シングルの自由を楽しんでいる」と明かしたところだった。

さらに10月14日にはニューヨークで、DJ兼ビジネスマンのオラツィオ・リスポ氏と食事後、路上で見つめ合い、キスをしているところを目撃されている。「新たな恋人の出現か?!」と、こちらもファンの間で大反響を呼んでいる。露出の多いファッションで非難されることの多いラタコウスキーだが、今後もさまざまな話題を振りまき大きな話題となりそうだ。

>>■■【画像】お騒がせ女優エミリー・ラタコウスキー、セクシーなドレスを語る■■

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中