World Voice

powerd_by_nw

オーストラリアの診察室から

高尾康端|オーストラリア

新型コロナウイルスがオーストラリアにもたらす長期的な問題

画像: Bychykhin_Olexandr-ISTOCKS

厳しい海外からの帰国者の入国制限により、オーストラリアの新型コロナウイルスの件数はかなり低く抑えられています。しかしこの政策は今もそして将来的にもオーストラリアの産業に大きな影響を与えます。中でも教育と観光業はとても重要な産業です。

オーストラリアは海外からの留学生の受け入れを大きな産業の一つとしており、多くの学校は、留学生の授業料で支えられています。ほとんどの学校で海外からの留学生と現地の学生では授業料が違います。また学科によっては、卒業後永住権を取得するのに有利な場合もあるので、それを目標として入学する留学生もいるようです。アメリカと比べると銃による犯罪などが少なく、比較的、治安が良いなどの理由から近年留学生の数も増加していました。昨年、オーストラリアで新型コロナウイルスの件数が増え始め、国境の規制が厳しくなり始めたころ、オーストラリア政府は海外からの留学生やワーキングホリデービザで滞在していた人たちに速やかに自分たちの国に帰国するように促しました。これは新型コロナウイルスによりアルバイトなどの仕事が減り、生活を維持できない人が増えると予想されたからです。

大学

オーストラリアはオンラインによる授業を以前から取り入れており、昨年はほとんどの大学がリモートで授業を行っていたようです。そのためオンライン授業を自国で受けることは可能だったようですが、やはり実際に留学するのとは違う部分もあります。海外からの留学生が大幅に減ったことで、経営難になった大学もあります。

iStock-824697378-AlexLMX.jpg
(画像: AlexLMX-ISTOCKS)

仕事

留学生やワーキングホリデーの方たちの労働力はオーストラリアの飲食業や農業などの産業の重要な支えとなっていました。ロックダウンで多くのレストランなどが長い間閉店し、オーストラリア政府が学生やワーキングホリデーの方たちに帰国するように促したこともあり、オーストラリアの新型コロナウイルスが落ち着いて飲食店などが再開したとき、今度は働き手がいないという問題が起きました。農家では農作物の取れる時期にはワーキングホリデーの方たちがビザの延長のためにピッキングなどにゆくのが通常でしたが、働き手がいないので収穫できず腐ってしまうなどの問題が起こりました。

iStock-916534048-Katjabakurova.jpg
(画像: Katjabakurova-ISTOCKS)

賃貸

オーストラリアでは賃貸を収入の一つとする人が多くいます。海外からの留学生は重要な収入源の一つでした。しかし、新型コロナウイルスにより学生がオーストラリアに戻ってこないため、以前は貸す側が有利だった状況が借りる方が有利な状況に変わってきているところもあります。

オーストラリア国内での旅行は自由になってきましたが、海外からの旅行者を受け入れる目処は立っていません。ニュージーランド、ニューカレドニアなどと隔離なしでの行き来を自由にするという計画はあるようですが、未定な部分が多いです。現在のところオーストラリアは海外からの入国者に対して14日間のホテルでの隔離を義務付けています。これによって新型コロナウイルスの市中感染はかなり低くおされられています。しかし、留学生を再び招き入れる場合、それほどの人数に対応できる隔離施設がありません。新型コロナウイルスワクチンの予防接種を受けた場合は隔離期間が短くなるか、または免除されるという噂もありますが、これもまだ現在のところ不透明な点が多いです。

オーストラリア政府が、今後どのような段階を経て国境を開けていくのか注目しています。





参考
https://www.theguardian.com/australia-news/2020/jun/04/australian-universities-to-close-campuses-and-shed-thousands-of-jobs-as-revenue-plummets-due-to-covid-19-crisis
https://theconversation.com/without-international-students-australias-universities-will-downsize-and-some-might-collapse-altogether-132869
https://www.smh.com.au/politics/federal/fruit-picker-plans-ripen-but-international-students-still-left-out-20201211-p56mtq.htmlhttps://www.domain.com.au/news/sydney-and-melbourne-landlords-lose-60-million-per-month-because-of-fewer-international-students-963950/
https://www.abc.net.au/news/2021-01-15/international-student-ghost-tower-in-carlton/13058916

 

Profile

著者プロフィール
高尾康端

日本、スイス、シンガポール、アメリカで育ち、2004年からオーストラリアに移住。シドニー大学医学部を卒業。現在は東ブリスベンエリアHawthorne Clinicにて家庭医 (GP)として勤務。家庭医の観点からみる病気についての情報、また母国である日本と移住地オーストラリアの医療システムの違いや、オーストラリアで病気になった時に役立つ情報を発信している。

Twitter:@dryasutakao
Facebook:Dr Yasu Takao
ブログ:https://www.dryasutakao.com.au/blog

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ