World Voice

powerd_by_nw

ダイバーシティ先進国ベルギーから観る欧州 LGBTQI 事情

ひきりん|ベルギー

欧州では既に同性愛者の首脳が誕生している【中編】

左:バラッカー・アイルランド副首相(前首相・次期首相) 、中央:ブルナビッチ・セルビア首相、右:ベッテル・ルクセンブルク首相 European People's Party / CC BY、Адміністрація Президента України / CC BY、EU2017EE Estonian Presidency / CC BY

イギリス初の女性首相として40年以上も前の1979年に誕生した「鉄の女」マーガレット・サッチャー(〜1990)に始まり、2005年から現在まで15年にも渡って首相を務める「ドイツのお母さん」アンゲラ・メルケルなど、ヨーロッパでは多くの女性リーダーが国政のトップで活躍する姿は珍しくない。

更には、2009年アイスランドで世界で初めて同性愛を公言したレズビアンのヨハンナ・シグルザルドッティル首相、2011年にはベルギーでゲイをカミングアウトしているエリオ・ディルポ首相が誕生するなど、同性愛者の首相がその後も続々と生まれている。

前編で登場のルクセンブルクのベッテル首相に続き、シリーズで紹介している同性愛者の現役首脳たちの横顔、中編の今週はセルビアのアナ・ブルナビッチ首相を取り上げる。

超保守的な東欧バルカン地域でレズビアンの首相誕生

《前編はこちら→「欧州では既に同性愛者の首脳が誕生している【前編】」》

今回紹介するのはセルビアのアナ・ブルナビッチ首相 Ana Brnabić2017年~)。

512px-Ana_Brnabic,_July_3,_2018.jpg
セルビアはバルカン半島の旧ユーゴスラビア連邦の国。面積は北海道とほぼ同じ、人口約700万人で愛知県や埼玉県の人口を少し下回る規模。冷戦後の1990年代には激動の時代を迎え、連邦を形成していた国々が次々に独立。その間にクロアチア紛争やコソボ紛争などが勃発、独裁的な大統領の下で国際社会で孤立し、経済的にも困窮した暗い歴史をもつ。近年はEU加盟を目指し改革を進めており、外国投資による経済発展も今後本格的に見込まれると予想されている。有名人にテニスプレーヤーで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手がいる。

このような歴史的背景もあり、現在も民主主義国家としての地位が低いセルビアで女性初、しかも同性愛者・レズビアンの首相が誕生したことは西ヨーロッパの人々にも驚きをもって受け止められた。女性として、同性愛者として、同時に2つのガラスの天井を一気に打ち破ったのだ。

ブルナビッチ氏は高校卒業後、アメリカやイギリスの大学へ留学。英国のハル大学でMBA取得後セルビアに帰国、10年以上米国国際開発庁(USAID)から資金提供を受けた米コンサルタント会社で勤務、国際機関、地方自治体、公共部門などと様々なプロジェクトに従事。2011年には風力発電会社に移籍し、2年間取締役にも就任。2016年に当時のアレクサンダル・ブチッチ首相(現大統領)から行政大臣、および地方自治大臣に任命されると、民間出身者の大臣就任と同時にレズビアンであることも公になり国内外で一躍脚光を浴びることとなった。翌2017年大統領となったブチッチ氏から後継首相に指名、議会の多数により首相に任命された。

Profile

著者プロフィール
ひきりん

ブリュッセル在住ライター。1997年ドイツに渡り海外生活スタート、女性との同棲生活中にゲイであることを自覚、カミングアウトの末に3年間の関係にピリオドを打つ。一旦帰国するも10ヶ月足らずでベルギーへ。2011年に現在の相方と出逢い、15年シビル・ユニオンを経て、18年に同性婚し夫夫(ふうふ)生活を営み中。

ブログ:ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記 

Twitter:@hiquirin

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ