コラム

輝く日本海に新時代の幕開けを予感して

2021年10月04日(月)15時00分

◆日本の「地質」「神話」「自然現象」「現代文化」が一本の線でつながった

A1_05302.jpg

見えてきた糸魚川の中心市街地

フォッサマグナミュージアムがある山を下れば、糸魚川の中心市街地である。駅の手前、市役所の隣に立派な神社があった。天津神社・奴奈川神社という二つの本殿を持つ奴奈川姫ゆかりの神社だ。日曜日とあって、出産を控えたカップル、受験の祈願に来た親子らが次々と参拝に訪れていた。奴奈川姫の伝説が今も市民の生活に根付いていることが伺える。

この「日本横断徒歩の旅」では、縄文文化が息づく"原日本"の中心、諏訪も通過した。そして、糸魚川に着いて奴奈川姫のことを調べてから初めて、諏訪と糸魚川をつなぐ伝承を知った。既に書いた通り、奴奈川姫は出雲の大国主命と結婚したわけだが、その間に生まれた子が、建御名方神(タケミナカタ)である。タケミナカタ、聞いた名前だなあと思ったら、諏訪大社の祭神である。糸魚川の伝説では、タケミナカタは僕が歩いてきたルートの逆をたどって諏訪に入り、諏訪大社の神になったという。つまり、諏訪の神様も構造線に沿って「日本の真ん中」を歩いたというわけだ。

太平洋から諏訪を通過して糸魚川に至る静岡―糸魚川構造線は、現代の東日本と西日本の文化的境界にもなっているが、そのルーツは「神様が歩いた道」でもあったわけだ。構造線が通る諏訪湖には、厳冬期に氷がぶつかり合ってできる神様の道、「御神渡(おみわたり)」ができる。これも言われてみれば、なんだかフォッサマグナの成り立ちにも重なる。今、僕の中では、日本列島の地質的な成り立ちと神話、自然現象と現代文化が、2年半かけて歩いてきた「日本の真ん中」のルート上で、スッと一本の線でつながったような気がしている。

A1_05401.jpg

天津神社・奴奈川神社のおみくじ掛け。現代の糸魚川の人々の願いが結ばれていた

A1_05699.jpg

糸魚川市街にある奴奈川姫とその子、タケミナカタの像。タケミナカタは諏訪大社の神となった

◆雁木造りと火事の街

A1_05488.jpg

糸魚川駅前

A1_05511.jpg

駅前通りのシャッター街

現在の糸魚川は、この旅でも通った千国街道(塩の道)と北国街道の交点にある宿場町から発展した。令和の今はご多分にもれず衰退期にあり、駅前商店街はなかなかのシャッター街であった。食事をしようと駅の観光案内所でもらったパンフレットを便りにさまよったが、コロナ禍とはいえ、昼時にも関わらず開いている店はごくわずか。やっとの思いで昼定食も出す居酒屋を見つけたが、新幹線停車駅としてはいささか寂しい状況だ。

駅から真っ直ぐ10分も歩けば日本海とぶつかる。そこから海岸沿いに北東に進めば目指すヒスイ海岸である。ちなみに、反対方向に進むと景勝地の親不知(おやしらず)がある。念願の日本海に出る前に、ぐるりと旧市街を散策。冬に消雪パイプから出る水に混じった錆が、道路を赤く染めていた。これもまた、雪国特有のリアルな光景だ。千国街道の起点は地酒『謙信』の酒蔵がある古い町並みにあった。山梨県を歩いていた時は信玄ゆかりの地や伝承のオンパレードだったことを思い出す。歩いたからこそ、戦国時代のライバル同士の「距離感」も実感できる。

錆色の道と共に北陸の風情を感じるのが、雁木造(がんぎづくり)の家並みだ。沿道の家々の軒が伸びて歩道を覆っている雪よけで、木造の純和風アーケードといった趣きだ。そんな雁木造りの裏路地に居合わせた老人に「風情のある路地ですね」と話しかけると、「糸魚川は火事の多い所でな」とポツリ。確かに、糸魚川の歴史を紐解くと、江戸時代から繰り返し大火が起きている。記憶に新しいところでは、2016年にちょうどこのあたり一帯を焼いた大規模火災があった。伝統的な雁木造りの古い家並みも、大火のたびに消えては再建されているのだろう。この火事の多さもまた、フォッサマグナに関係していて、構造線に沿った谷筋を乾燥した風が吹き下ろす「フェーン現象」が要因となっている。

A1_05599.jpg

北陸を象徴する雁木造りの家並みと"錆色の道"。糸魚川は火事が多い土地でもある

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米インフレ高すぎる、11月0.75%・12月0.5

ビジネス

米中古住宅仮契約指数、8月は2%低下 金利上昇と価

ビジネス

英財務相、銀行幹部に政策への理解求める 辞任・政策

ワールド

米、対ロシア制裁ペース緩めず ウクライナ情勢巡り=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中