コラム

標高日本一の空港の「微妙な立ち位置」 交通の要衝・塩尻から松本へ

2020年09月04日(金)16時10分

撮影:内村コースケ

第20回 みどり湖駅 → 平田駅
<令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた。>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの19回で実際に歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

◆フォッサマグナの旅は北アルプス・ステージへ

001.jpg
スタート地点のみどり湖駅。小さな無人駅だが、中央本線の近代化を象徴する記念碑的な駅だ


それにしても今年の梅雨は長かった。これまで歩いてきた関東甲信地方は6月11日に入梅し、8月1日になってようやく梅雨明けが発表された。8月にずれこんだのは、2007年以来13年ぶりだ。それ以上にこの梅雨をひときわ長く感じたのは、文字通り連日雨が続き、それも従来の梅雨の「しとしと」ではなく、常軌を逸した土砂降りの日が多かったからだろう。この「日本横断徒歩の旅」も長雨にたたられ、コロナ禍による外出自粛要請と相まって、この春から夏にかけて進捗が停滞ぎみであった。

ともあれ、行程の「終盤の始まり」に差し掛かかり、ゴールがうっすら見えてきた。今回のスタート地点は、中山道・塩尻宿の手前のみどり湖駅である。前回徒歩で越えた塩尻峠(塩嶺峠)のふもとにあり、東京・諏訪方面から見て松本盆地の入り口に位置する。中央本線は、峠の下の塩嶺トンネル(全長5,994m)を通って諏訪盆地から松本盆地に入ってくるが、みどり湖駅は、塩嶺トンネル開業に伴う中央本線のルート短縮に伴って1983年にできた新駅である。

駅の周りのささやかな新興住宅地を抜けると、すぐに田園風景が広がった。その先にある塩尻の中心市街地を、雄大な北アルプスが見下ろす。この旅のルートは、日本列島の東西の境界地帯であるフォッサマグナに沿っているが、それを証明するかのように、ここまで常に雄大な山岳風景に囲まれて歩いてきた。まず、奥多摩の山々を抜けると富士山が姿を表し、甲府盆地に入ると南アルプスが迎えてくれた。長野県境に近づくにつれ、八ヶ岳の姿が大きくなり、今ここで見えてきた北アルプスは、旅の終盤まで我々の目を楽しませてくれることだろう。フォッサマグナは、北アメリカプレートとユーラシアプレートがぶつかり合う大地溝帯である。その上を時間をかけて歩いていると、山はプレートがぶつかってできた盛り上がりだという地学の基礎が、実際の風景として実感できる。

007.jpg

ここからは、北アルプスを見ながらの旅になる

◆信州vs甲州 ワイン対決は持ち越しに

009.jpg

昨年通過した勝沼に続いて、ここ塩尻も日本を代表するワインの産地である

塩尻市の中心部を目指して田園地帯を歩いていると、グラスに注がれるワインの写真を配した巨大な看板が現れた。塩尻ワインは、第10回で取り上げた勝沼ワインと並ぶ国産ワインの代名詞である。都道府県別のワインの国内生産量では、長野県は山梨県に次ぐ2位。塩尻では赤ワインの原料となるメルロー種の栽培が盛んなため、塩尻ワインと言えば赤のイメージが強い。ぶどう畑の先に見えた巨大看板も、赤ワインであった。

看板は、塩尻のワインの製造大手の一つ、「アルプスワイン」のもので、中央本線の車窓からよく見える本社裏に立っている。塩尻のぶどう栽培は130年前、1890(明治23)年に始まった。前回も、別のワイナリーの直営店で塩尻産ワインを試飲したが、ぶどう畑が集中しているのは、ここ市街東部よりも、この先の西部の「桔梗ヶ原」一帯だ。桔梗ヶ原エリアには、「五一わいん」「信濃ワイン」「井筒ワイン」などの有名ワイナリーが集まっている。勝沼から歩いてきた身としては、そっちにも回って信州vs甲州のワイン対決といきたいところだ。

しかし、残念ながら、日本海を目指して松本方面に進む想定ルートでは、桔梗ヶ原は通らない。ちょっとの寄り道で行けないことはないのだが、僕はお酒がからきし弱くて、正直なところ「ワイン」は、道を曲げてまで惹かれる引力ではないのだ。もう時効なので白状するが、かなり若い頃に本場イタリアのベネチアで、1杯のグラスワインでぶっ倒れて町中で寝込んでしまった経験がある。それがトラウマになっていて、深層心理的に桔梗ヶ原方面へ足が向かなかったのだと、もう一つ言い訳しておこう。そんなわけで、塩尻宿から旧中山道に沿って南西に進めば桔梗ヶ原だったが、まっすぐ北の塩尻駅方面を目指した。

017.jpg

旧中山道・塩尻宿

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。日本写真家協会(JPS)会員

ニュース速報

ビジネス

WHO、ワクチン追加接種先送り要請 米は必要に応じ

ビジネス

中国のポジティブな見通し維持、規制強化でも=AIA

ビジネス

EU、米ノババックスとコロナワクチン契約 最大2億

ビジネス

英、16─17歳の若者全員にコロナワクチン提供へ 

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中