コラム

カイコからコロナワクチンも? 栄枯盛衰の「シルク岡谷」で伝統産業の未来に触れる

2020年07月10日(金)16時10分
カイコからコロナワクチンも? 栄枯盛衰の「シルク岡谷」で伝統産業の未来に触れる

撮影:内村コースケ

第19回 下諏訪駅 → みどり湖駅
<令和の新時代を迎えた今、名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた。>

map1.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの18回で実際に歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

◆スピードスケートの聖地

7R403449.jpg

多数のオリンピアンを輩出する下諏訪駅前の日本電産サンキョーのトレーニング施設

諏訪大社の4社を1日で巡った前回のゴールは、中央本線の下諏訪駅。その続きとなる今回は、諏訪地域最後の町・岡谷を抜け、塩尻峠の先の松本盆地に下りていく。4回にまたがって歩いてきた諏訪地域の締めくくりである。下諏訪駅前には、諏訪信仰を象徴する「御柱」が建っていた。ここがまだ日本の中心たる諏訪地域の一角であることを実感する(第18回<日本の中心は諏訪にあり 原日本」を求めて諏訪大社の秘密に迫る>参照)。

下諏訪は、手前の上諏訪、次の岡谷に比べて静かな駅前だ。10階建ての日本電産サンキョーの本社ビルがひときわ目立つ。電気機器製造大手・日本電産の子会社で、スピードスケートの平昌五輪金メダリスト・高木菜那選手が所属するスケート部が有名だ。本社ビルに隣接するトレーニング施設には、選手の写真入りの看板が燦然と輝いていた。かつては氷結した諏訪湖でスケートができたこともあって、諏訪地域では特にスピードスケートが盛んだ。北海道出身の高木選手のように活動の場を求めて諏訪の地にやってくる選手も多いし、同じ平昌五輪の金メダリスト・小平奈緒選手のように、地元出身の選手もいる。

◆たまには街道歩きも面白い

7R403466.jpg

裏路地に突如現れた旧中山道

国道20号と諏訪湖に注ぐ砥川が交差するあたりの未舗装の裏路地に、突如「中山道」の看板が現れた。同行者たちと「本当にこんな狭い路地が中山道なのかな?」といぶかっていると、地元のお年寄りが、確かにここが旧中山道で、ずっと先までたどることができると教えてくれた。おそらくここが、中山道最狭小ポイントだろう。

この「日本横断徒歩の旅」では、色々と寄り道をしながらも、概ね国道20号に沿ってきた。20号は東京・日本橋を起点とし、長野県塩尻市が終点である。東京では「甲州街道」と呼ばれることが多いが、前回通った諏訪大社下社秋宮の前までがかつての甲州街道に相当し、その先は中山道と重なっている。より正確には甲府までが「甲州街道・表街道」、甲府―下社が「甲州街道・裏街道)」で、下社から終点の塩尻までは中山道の一部ということになる。

ところで、インターネット上には、僕らの旅と同じように日帰りで繋いでいくスタイルの「街道歩きの旅」の記録が溢れている。僕の兄も若い頃に東海道や中山道を歩いたことがあって、いつか自分も似たようなことをしたいと思い続けてきたのがこの「歩き旅」のきっかけだ。ただし、僕は、旧街道をなぞるスタイルは取らなかった。東京からここまで、甲州街道を目安に歩いてはきたが、寄り道ばかりで甲州街道そのものを歩いた区間はいくらもない。この先も塩尻で中山道を外れて、フォッサマグナの西端付近を歩いて日本海を目指して歩いていく。

僕が見たいのは、究極的には平成から令和に、2020年代に入った「今」の日本である。そして、その「今」に連なる土地土地の歴史と未来への兆しである。諏訪大社の謎に迫った前回のように、神話以前の太古の時代に思いを遡らせることはあっても、視点の中心は常に「今」に据えてきたつもりだ。そのためには、その場その場のアドリブをきかせたコース取りの自由が不可欠だと僕は考える。だから、歩く道が最初から決まっている街道歩きのスタイルは取らなかった。

そんな中で、今回は2時間ほど中山道に沿って歩いただろうか。旧街道沿いの光景は、古い土蔵がある風景に始まり、昭和的なちょっと古い住宅地、平成的な新興住宅地、令和の分譲地へと移り変わって、岡谷市の中心に近づくに従って立派な生け垣が続く旧街道の名残を残す古いお屋敷街が続いた。旧街道に忠実に沿って歩いただけでも、さまざまな時代が見えてくるわけで、それはそれでとても面白い旅のスタイルなのだろうと、思いを新たにした。

7R403486.jpg

旧中山道沿いを歩いているだけでも、江戸時代から令和の今に至るさまざまな町の顔が見え隠れする

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

キーワード

ニュース速報

ワールド

東京五輪、観客制限して開催を=ロムニー米上院議員

ビジネス

トヨタ、12月の世界販売10%増・世界生産14%増

ビジネス

中国、反トラスト問題で海外当局との連携望む=人民銀

ワールド

第4四半期のフィリピンGDP、前年比-8.3% 予

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!