最新記事
認知症

バイアグラが認知症に効きそう、という研究結果

Viagra May Help Prevent Dementia: 'Findings Are Very Encouraging'

2024年6月11日(火)17時13分
パンドラ・デワン
バイアグラ

これがまさに夢の薬? Christophe Gateau/dpa

<陰茎への血流を増やすバイアグラの効果が、脳の血流も改善する可能性があるという>

英オックスフォード大学の研究チームが、認知症の治療薬となるかもしれない意外な薬剤を発見した。バイアグラだ。

【動画】「認知症」説が再燃するきっかけになったプーチンの仕草と発言...「会談中の異変」映像

米疾病予防管理センター(CDC)が集計した2014年のデータでは、65歳以上のアメリカ人のうち認知症患者の数は500万人以上に達している。認知症には複数の種類があり、それらに共通する特徴的な症状としては、記憶、思考、意思決定の能力低下が挙げられる。

認知症症例の約60〜80%を占めるとされるのはアルツハイマー型認知症で、最も一般的な認知症の種類となっている。だが、認知症の症例の約10%は、脳卒中や、脳内血流の異常に関連したものだ。このタイプの認知症は「血管型認知症」と呼ばれ、リスク要因としては、糖尿病と高血圧、高コレステロール値の3つが知られている。バイアグラには、この種類の認知症を予防する効果があるかもしれないのだ。

バイアグラは、シルデナフィルという化合物の商品名であり、陰茎への血流を増す効能により、勃起不全の治療薬として使われている。しかし今回の研究によると、この薬が脳の血流も改善する可能性があるという。

研究の主著者であるオックスフォード大学のウォルフソン脳卒中・認知症予防センターのアラステア・ウェッブ准教授は、声明で次のように述べている。「今回の研究は、この疾患(認知症)を持つ者の脳内血管にシルデナフィルが入ると血流が改善されることと、これらの血管がどのように反応するかを示す、最初の臨床試験だ」

広く入手可能な認知症薬の可能性

「これら2つの重要な要素(血流が改善されることと、血管の反応性)は、血管型認知症の最も一般的な原因である、脳内小血管への慢性的な損傷と関連している。」

学術誌「Circulation Research」に掲載された論文で、ウェッブ率いる研究チームは、75名の認知症患者からなる集団において、シルデナフィル(バイアグラ)が、脳の大血管と小血管の両方で血流を増大させることを確認した。

「このことは、忍容性(副作用をどれだけ耐えられるかの程度)が高く、広く入手可能なこの薬剤に、認知症の予防効果が認められる可能性を示している。この点は、さらに大規模な臨床試験で検証が必要だ」と、ウェッブは述べた。

研究チームでは今回の研究結果を、より大規模な臨床試験で再現し、シルデナフィルが持つ可能性を、より大きな規模で検証したいと考えている。

オックスフォード大学の臨床神経学教授で、ウォルフソン脳卒中・認知症予防センターの創設所長を務めるピーター・ロスウェルは、声明でこう述べた。「ウェッブ准教授の研究結果は、非常に期待が持てるものであり、既存の薬剤を使って血管型認知症を予防できる可能性に光を当てている。この薬剤は、この型の認知症を引き起こす、脳内小血管における血流減少を標的としている」
(翻訳:ガリレオ)


20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中