最新記事

ヘルス

アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

Energy Drink with Active Viagra Ingredient Banned After Consumer Complained of Six-hour Erection

2019年3月22日(金)13時30分
ジェイソン・レモン

効きすぎるエナジードリンクの正体は何だったのか csy302/iStock.

<ザンビアで製造しているエナジードリンクにバイアグラの有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」が違法に含まれていた>

アフリカ・ザンビアの飲料メーカーが製造するエナジードリンクを飲んだウガンダの男性らから「6時間近く勃起が続いた」「汗が止まらない」などのクレームが相次いだ。調べたところ違法にバイアグラの有効成分が入っていたことが明らかになり、販売禁止になった。

ロイター通信によると、「パワー・ナチュラル・ハイ・エナジー・ドリンクSX」は、ウガンダ、マラウィ、ジンバブエなど他のアフリカ諸国でも販売され、男性の間で人気になっていた。

しかし昨年12月、クレームを受けて検査したウガンダ政府の薬品管理部門が、このドリンクにバイアグラの有効成分である「シルデナフィルクエン酸塩」が含まれていると発表した。この事実は南アフリカとジンバブエの検査でも確認され、ザンビアは今週、正式のこのドリンクの製造・販売を禁止した。

ドリンク製造元「レビン・ザンビア」の総支配人ビカス・カプーアは、今年1月の英BBCの取材に対して、自分の知っている限りドリンクにはどんな薬品も含まれていない、と語っていた。今回の禁止措置について同社は公式にコメントしていない。一方でマラウィは独自の検査結果から、すでにドリンクを販売禁止にしていた。

出回ったドリンクの回収を指示

「ドリンクに不純物を混入させた製造元は、食品・薬物に関する法律に違反した」と、ザンビアのニュースサイト「ルサカタイムズ」は指摘した。「さらに政府の製造認可の規約と条件にも違反している」

ウガンダ薬学会のジェローム・カニーカ会長はBBCの取材に対して、ドリンクへのクレームに対して政府はもっと早く対処するべきだったと話している。「禁止措置は歓迎だが、他国の調査を待たなければならなかったことは国として恥ずかしい」

ルサカタイムズによると、市場に出回ったドリンクについては当局が回収を指示している。今後はザンビア政府の担当機関が、基準に従ってドリンクが製造されているかどうか厳しく監視することになる。

シルデナフィルクエン酸塩はバイアグラという商品名で広く知られる、男性が錠剤で経口摂取する勃起不全の治療薬で、通常は処方箋がなければ入手できない。薬品の専門家が警告するように、医師の指導を受けて適切に摂取しないと血管拡張、動悸やめまいなどの副作用を引き起こすことがある。

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、半導体不足で2工場の稼働一時停止 2万台の

ビジネス

中国百度、第1四半期は25%増収 AIやクラウド事

ビジネス

公衆衛生支出が少ない国家、信用格付け引き下げも=W

ワールド

台湾のコロナ感染急増、経済・半導体産業への影響限定

MAGAZINE

特集:若返りの最新科学

2021年5月25日号(5/18発売)

老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

人気ランキング

  • 1

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 2

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を信用できない」──王室伝記作家

  • 3

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 4

    ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

  • 5

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    窮地に立たされる英アストラゼネカ・ワクチンの秘策…

  • 9

    アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

  • 10

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 7

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 8

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月