最新記事

ヘルス

アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

Energy Drink with Active Viagra Ingredient Banned After Consumer Complained of Six-hour Erection

2019年3月22日(金)13時30分
ジェイソン・レモン

効きすぎるエナジードリンクの正体は何だったのか csy302/iStock.

<ザンビアで製造しているエナジードリンクにバイアグラの有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」が違法に含まれていた>

アフリカ・ザンビアの飲料メーカーが製造するエナジードリンクを飲んだウガンダの男性らから「6時間近く勃起が続いた」「汗が止まらない」などのクレームが相次いだ。調べたところ違法にバイアグラの有効成分が入っていたことが明らかになり、販売禁止になった。

ロイター通信によると、「パワー・ナチュラル・ハイ・エナジー・ドリンクSX」は、ウガンダ、マラウィ、ジンバブエなど他のアフリカ諸国でも販売され、男性の間で人気になっていた。

しかし昨年12月、クレームを受けて検査したウガンダ政府の薬品管理部門が、このドリンクにバイアグラの有効成分である「シルデナフィルクエン酸塩」が含まれていると発表した。この事実は南アフリカとジンバブエの検査でも確認され、ザンビアは今週、正式のこのドリンクの製造・販売を禁止した。

ドリンク製造元「レビン・ザンビア」の総支配人ビカス・カプーアは、今年1月の英BBCの取材に対して、自分の知っている限りドリンクにはどんな薬品も含まれていない、と語っていた。今回の禁止措置について同社は公式にコメントしていない。一方でマラウィは独自の検査結果から、すでにドリンクを販売禁止にしていた。

出回ったドリンクの回収を指示

「ドリンクに不純物を混入させた製造元は、食品・薬物に関する法律に違反した」と、ザンビアのニュースサイト「ルサカタイムズ」は指摘した。「さらに政府の製造認可の規約と条件にも違反している」

ウガンダ薬学会のジェローム・カニーカ会長はBBCの取材に対して、ドリンクへのクレームに対して政府はもっと早く対処するべきだったと話している。「禁止措置は歓迎だが、他国の調査を待たなければならなかったことは国として恥ずかしい」

ルサカタイムズによると、市場に出回ったドリンクについては当局が回収を指示している。今後はザンビア政府の担当機関が、基準に従ってドリンクが製造されているかどうか厳しく監視することになる。

シルデナフィルクエン酸塩はバイアグラという商品名で広く知られる、男性が錠剤で経口摂取する勃起不全の治療薬で、通常は処方箋がなければ入手できない。薬品の専門家が警告するように、医師の指導を受けて適切に摂取しないと血管拡張、動悸やめまいなどの副作用を引き起こすことがある。

ニュース速報

ワールド

イスラエル、イタリアからの帰国男性が新型ウイルスに

ワールド

新型肺炎、仏でも感染拡大「始まりつつある」=マクロ

ビジネス

米GDP改定値、2.1%増と変わらず 19年10─

ビジネス

新型肺炎で米金融緩和観測高まる、3月利下げ確率60

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 4

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は…

  • 5

    すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機…

  • 6

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 10

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 7

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 8

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月