最新記事
ペット

「サルミアッキ」猫の秘密...遺伝子変異が生んだ新たな毛柄

New Cat Pattern Is 'Salty Licorice' Mutation

2024年6月3日(月)11時20分
ロビン・ホワイト
(写真はイメージです) Kimi Albertson-Unsplash

(写真はイメージです) Kimi Albertson-Unsplash

<フィンランドで見られる珍しい猫の柄、その遺伝子の秘密が解明>

フィンランドには「風変わりな毛柄」をもつ猫たちがいるが、こうした柄を生む遺伝子変異を科学者たちが突き止めた。

フィンランドでは、この変異をもつ野良猫が2007年に現れ始めた。こうした猫は基本的には「タキシード」柄に見えるが、毛の根元は黒く、先端に行くにしたがって白くなる。

この独特で人目を引く毛皮のおかげで、そうした猫は多くの人に引き取られ、家庭で飼われるペットになった。

名前の由来はフィンランドの菓子

この研究を実施した科学者チームは論文で、この毛柄を「サルミアッキ」と名づけたと書いている。これは、フィンランドで食べられている「塩味のリコリス菓子」の一種にちなんだ命名だ。白い毛のサルミアッキ・パターンは、ベースが黒い猫の場合に目につきやすいが、ブラウンタビー(キジトラ)、サビ猫(黒と赤のモザイク状)、ブルー(灰色)系の猫など、ほかの毛色の猫にも現れる。

【画像】新種の毛柄をもつ「サルミアッキ」猫

そうしたサルミアッキ柄の猫の遺伝子について理解を深めるべく、研究チームはDNA解析に着手した。その結果が「アニマル・ジェネティクス」誌に掲載されている。

研究チームはまず、飼い主の許可を得たうえで、ヘルシンキ大学のバイオバンクを通じて、5匹のサルミアッキ猫から血液サンプルを採取した。

そのうち4匹の猫について、毛色に影響することが知られている遺伝子を調べた。テストの結果、そうした猫は、全体に色がつく典型的な遺伝子をもつが、白い毛の遺伝子はもたないことがわかった。試験対象となった猫の黒や青の毛色は、特定の遺伝形質によるものだった。

独特な毛色を生む「特定の欠失」

研究チームは、そのうちの2匹の猫について、全ゲノム解析を実施した。これはつまり、すべてのDNAを検証し、独特な変異があるかどうかを調べることを意味する。この検証により、KITと呼ばれる遺伝子の近くに、特定の欠失(DNAの一部が欠けていること)が見つかった。これが、サルミアッキの独特な毛色を生んでいる可能性がある。

次に、フィンランドの猫180匹の遺伝子を調べた。対象となった猫のなかには、サルミアッキ柄のものもいれば、そうでないものもいた。研究チームは、サルミアッキ柄に関連して発見した遺伝子変異を「wsal」と名づけ、特殊なツールを用いて、猫がその特定の変異をもつかどうかを調べた。その結果、この変異の存在がサルミアッキ柄と完璧に一致することがわかった。

論文によれば、全ゲノム解析を実施しなかったさらに3匹のサルミアッキ猫も、この変異をもっていたという。

サルミアッキ柄ではない猫のうち、3匹は、当該変異1コピーをもっていたがサルミアッキ柄を示さず、残りは当該変異をもっていなかった。この結果は、サルミアッキ柄が発現するためにはwsal変異2コピーが必要であることを示唆している。

同研究では、ルーマニアと英国に住む、また別の変わった柄をもつ猫には、この変異が存在しないこともわかった。今回の研究により、この独特な毛柄ができる理由が明らかになった、と研究チームは結論づけている。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中