最新記事
ウクライナ情勢

森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

HIMARS strikes Russian troops hiding in forest: Video

2024年6月14日(金)19時19分
イザベル・バンブルーゲン
ウクライナHIMARSがロシア軍部隊を攻撃

米軍のHIMARS(2022年9月) Ints Kalnins-Reuters

<ウクライナ南部のロシア占領地域で行われたHIMARSによる攻撃。ロシア軍が甚大な被害を被った瞬間をドローンが撮影>

ウクライナ軍は、同国南部にあるロシア軍占領地域の森に身を潜めていたロシア軍の部隊を高機動ロケット砲システム(HIMARS)で攻撃し、複数の死者を含む甚大な被害を与えたと発表した。攻撃の様子は撮影されており、実際に兵士や車両などが集まっている場所で大きな爆発が起こり、生き延びた兵士たちが逃げ出す様子が捉えられている。

■【動画】身を潜めるロシア兵士たちを狙う容赦ないHIMARS攻撃...死者60人以上 攻撃の瞬間をウクライナ公開

ウクライナ軍特殊作戦部隊(SSO)はテレグラムへの投稿の中で、「第73海上特殊作戦部隊のドローン(無人航空機)要員が南部方面で偵察を行っていたところ、ロシア軍の兵士らが集まっている場所を見つけた」と述べ、攻撃の様子を撮影した動画を共有した。

投稿はさらに「SSOはロシア軍の兵士らが集結していた南の区域を狙ってHIMARSで攻撃を行った」と続けた。「この攻撃の結果、ロシア軍は甚大な損失を被った」

アメリカからHIMARSの供与を受けたことで、ウクライナはロシア軍の最新鋭対空ミサイルシステムを破壊することができるようになった。HIMARSは3年目に突入しているウクライナとロシアとの戦闘において、広く使用されてきた。戦闘開始以降、アメリカ政府はウクライナに少なくとも39基のHIMARSを供与している。

昨年にはHIMARSがロシア軍大隊を攻撃した時の動画も

SSOが共有した動画には、爆発の後に分厚い黒い煙が立ち上る様子が映っている。ウクライナ国防省も同じ動画をX(旧ツイッター)上で共有し、「HIMARSが南部の占領者たちに挨拶した際の様子」という言葉を添えた。

本誌はこの動画の撮影時期や場所について独自に確認を取ることができず、ロシア国防省にメールでコメントを求めたがこれまでに返答はない。

ウクライナ軍はこれまで幾度にもわたって、HIMARSでロシア軍の部隊を攻撃してきたと報じられている。2023年10月には、HIMARSがロシア軍の大隊を攻撃した後の様子を撮影したとされる動画が公開された。

オープンソース・インテリジェンスを活用したウクライナのウェブサイト「DeepState」は今回の攻撃について、ロシア軍の占領下にあるウクライナ南部ヘルソン州のポド・カリニウカ村近郊の訓練場を標的としたものだと分析した。英BBCのロシア語サービスもウクライナ軍特殊部隊の関係者から得た情報を引用し、同訓練場を狙った攻撃が行われたと報じた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中