最新記事
韓国

NewJeansミンジが選挙広報に出演した韓国総選挙 投票所での長ネギが与党を惨敗させた?

2024年4月11日(木)12時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
NewJeansのメンバーで最年長のミンジが起用された選挙広報

NewJeansのメンバーで最年長のミンジが起用された選挙広報 중앙선거관리위원회 / YouTube

<与党の惨敗に終わった韓国総選挙。その要因は意外にも──>

4月10日、韓国では第22代総選挙が行われ、結果は与党・国民の力が惨敗、野党・共に民主党が過半数を確保するという結果になった。

さて、今回の総選挙では事前投票の期間も含めて、投票所に持ち込み禁止とされた物がいくつもあったという。韓国メディア、韓国日報、マイデイリーなどが伝えた。

選挙戦の焦点は......長ネギ!?

【動画】NewJeansミンジが出演した韓国選挙広報CM

ユン・ソクヨル大統領に対する中間評価とも言われる今回の総選挙は、与党・国民の力と国会で多数派の最大野党・共に民主党が、各種世論調査で支持率が拮抗する形で選挙戦が展開され、各党の選挙活動は日に日に激しさを増していた。そんな中で、相手側の揚げ足とりともいえる攻防も展開された。

一番議論になったのがユン大統領の長ネギ発言だ。これはユン大統領が3月にスーパーを訪れた際、「長ネギ1束が875ウォンなら合理的」と発言(通常は2000〜3000ウォンはする)したことで、大統領は物価についてまるで知らないと猛反発を受けたのだ。共に民主党はこの問題を総選挙で攻撃材料として取り上げ、事前投票でまさかの戦術に打って出た。候補者や選挙戦スタッフが事前投票所での投票時に、長ネギを持ち込んで、与党の問題をアピールしたのだ。

与党はすぐさま中央選挙管理委員会に抗議し、これをうけて選管では「長ネギを政治的表現物」と見なし、投票所への持ち込みを制限し外部に保管するよう各選管に通知。これがまた論争を呼び起こすようになった。

これに対して共に民主党の支持者は、見える形での長ネギ持ち込みは止めたものの、長ネギをタッセルのようにしてバッグに付けたり、透明なビニール製のバッグにしのばせたりして、投票所入り口で認証ショットを撮影。与党攻撃の手を緩めることはなかった。

相手政党への攻撃に終始、政策論争は二の次に

もちろん、与党も黙っていなかった。ハン·ドンフン(韓東勳)非常対策委員長が「日本製シャンプー、偽造された表彰状、法人カード、女優の写真を持って投票場に行ってもいいか」と発言。これらは共に民主党のイ・ジェミョン代表と祖国革新党のチョ・グク代表のスキャンダルに関連したアイテムだった。

一連の騒動について中央選挙管理委員会のチョ·ドンジン報道官は10日、あるメディアに出演して「本投票でも長ネギなど持って投票所に入場するのは難しいのか」の質問に、「事前投票と同じ基準が適用される。投票立ち会い人が所持目的をいちいち確認できないため、秩序維持のため物品を外に置いて出入りするように案内している」と明らかにした。

こうした一連の騒動がどこまで影響したのかは不明だが、総選挙の結果は野党の圧勝に終わった。開票率約98%の11日午前5時時点で、最大野党の共に民主党は小選挙区(254議席)で過半数の161議席を確保。さらに共に民主連合、祖国革新党などの他の革新系野党を加えると191議席になり、定数300議席の国会で圧倒的多数を確保した。

11日朝、選挙結果を受けてユン大統領は「総選挙で示された国民の意思を謙虚に受け入れ国政を刷新し、経済と民生安定のために最善を尽くす」とのコメントを発表した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中