最新記事
動物

何があった? 前脚を2本とも失った「ワニ」を発見...ハリケーンが過ぎた後、突然現れた「痛々しい」姿

Family Discovers Alligator Without Front Legs in Home's Pond

2023年11月5日(日)07時30分
アンダース・アングルシー
ワニのイメージ写真

写真はイメージです Hamid Al-Timami/Shutterstock

<民家の庭で発見された前脚のないワニだが、小魚やカエルなどを食べて自力で生きることができているようだ>

米フロリダ州の家にある庭の池で泳ぐ1匹のワニが話題になっている。このワニはハリケーンが過ぎ去った後に現れたということだが、発見されたときから、その姿は両方の前脚を失った痛々しいものだった。それでもワニはこの家の人々に気に入られ、自力で生きることができているという。

■【写真】前脚が2本とも失われたワニの痛々しい姿...それでも池を泳ぎ回り、自力で生きている

レディットユーザーのCourt04は、「r/mildlyinteresting」というグループへの投稿で、ワニの「ナブズ」は2022年9月、ハリケーン「イアン」が過ぎ去った後、米国フロリダ州フォートマイヤーズにある両親の家の池にやって来たと説明している。このキャプションとともに共有された写真には、池で泳ぐナブズの姿が映っているが、ナブズは前脚を2本とも失っているようだ。「彼は毎日、(両親が飼っている)カメたちと一緒にいる」とキャプションには書かれている。

Court04は本誌の取材に対し、「このワニは池に住んでいる」と語った。「彼はハリケーン・イアンの後に現れた。両親はあまり驚かなかった。これまでも頻繁に、池にはワニがやって来ていたためだ」

Court04は次のように続けた。「私には11歳になる四つ子がいて、彼らはあのワニを『ナブズ』と読んでいる。ワニはたいてい、池にある橋の下にいる」

「彼は自力で生きているようだ。池にいる小魚やカエルを食べているのだと思う」

ワニから身を守るには?

ワニは、フロリダ州の67郡すべてで確認されており、沼地や湿地、川、湖に生息している。フロリダ州では近年、人口が急増しているため、多くのワニが人のそばで暮らしている。

フロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWC)は、人とワニが共存し、ワニに傷つけられるリスクを最小限に抑える方法はいくつもあると述べている。以下はその一部だ。

・ワニには決して餌をやらず、見かけたら距離を置く
・水辺で遊ぶときは、指定された場所で日中のみにする
・ペットはつないでおき、水に近づけない

ほかの大きなワニに襲われた?

Court04の投稿にコメントを寄せた人々の多くは、ナブズがなぜ前脚を失ったかについて推測したり、ジョークを言ったりしているが、たとえ前脚がなくても、ワニは危険だと警告する人もいる。

レディットユーザーのExtraAgressiveHuggerは、「ナブズは小さいころに、大きなワニに襲われたのだと思う。ニューオーリンズの湿地でワニ・ツアーに参加したとき、生後数年間のワニにとって、最大の脅威はほかのワニだとガイドが言っていた。オスは、ほかのオスを片っ端から攻撃するらしい」と書いている。

Dudephishというユーザーは、「ナブズを怖がる必要はない。彼は腕がない(武装していない)のだから」とコメントした。一方、Picasso320は、「それでも、野生動物だ。予測不可能だし、危険だ」と警告している。
(翻訳:ガリレオ)


20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中