最新記事

政治参加

<動画>「勇気ある行動」──ホワイトハウス報道官のスピーチを遮って政権を批判したのに、活動家が褒められた理由

Video of activist confronting Biden admin viewed over 4 million times

2023年8月1日(火)19時33分
キャサリン・ファン

ホワイトハウスの記者会見でお馴染みのジャンピエール報道官(7月27日) REUTERS/Jonathan Ernst

<政府高官のスピーチを途中で遮ったりすれば普通は追い払われるのがオチだが、この場合はテーマが温暖化対策だった上、声を上げた「活動家」が緊張しまくりで声も震えていたのが400万回という高視聴に影響したかも?>

若い環境活動家がホワイトハウスのカリーヌ・ジャンピエール報道官の話を遮って政権に意見する動画がツイッター上で大きな注目を集め、これまでに400万回以上視聴されている。

<動画>熱波のバンクーバー、浜辺でムール貝が焼き上がる

7月27 日、Z世代を中心とする政治団体「明日を担う有権者(Voters of Tomorrow)」の会合で、環境活動家のエリス・ジョシ(21)がジャンピエールのスピーチを途中で遮り、ジョー・バイデン米政権の気候対策に異議を唱えた。ジョシは、Z世代の政治参加を推進する組織「Gen Z for Change(変化のためのZ世代)」の事務局長だ。

「お話の途中ですみません。でも丁寧に頼んでも駄目だったので......。若者100万人がアラスカでの石油掘削プロジェクトに反対する書簡をがバイデン政権に送ったのですが、無視されました」とジョシは述べた。「だから今ここで言わせてください。バイデン政権は石油・天然ガス開発に関する新たなプロジェクトの承認をやめて、若者や科学者やアラスカ北部からルイジアナの地元コミュニティーと連携するつもりはあるのでしょうか」

ジョシの発言中、会合の主催者が彼女に近づいて席につくよう求めたが、話を聞いていた若者たちは発言への支持を表明して音を鳴らした。

ホワイトハウス「大統領は若者のために闘っている」

ジャンピエールはジョシの発言を受けて、堂々と声を上げた彼女の勇気を称え、気候変動問題をめぐるバイデンの取り組みを振り返った上で、さらなる取り組みが必要だと述べた。

「今回のイベント以外の場所で、是非あなたとこの問題について話したいと思います。バイデン大統領がこれまでに行ってきたことや今後も継続して行っていきたいことを徹底的に話し合い、あなたの意見を聞きたいです」とジャンピエールは言った。

このやり取りについてホワイトハウスの当局者は本誌に、「バイデン大統領は気候変動や銃の安全性、学生ローンの減免などのあらゆる問題について、アメリカの若者たちのために闘っている」とコメントした。

この当局者は、ネバダ州のスピリットマウンテンや北極海の環境を保護する政権の取り組みや、CO2排出削減のための「パリ協定」へのアメリカの正式復帰などを成果として強調した。「バイデン大統領は差し迫った対応を必要とするこの危機への取り組みを続け、共和党議員らが我々の取り組みを後退させるのを阻止し続ける」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米オラクル、日本に80億ドル超投資へ AIインフラ

ワールド

EU首脳、対イラン制裁強化へ 無人機・ミサイル製造

ビジネス

世界の債務問題が著しく進展、IMFなどが共同声明

ワールド

ガザの食料危機悪化とUNRWA、イスラエルが支援妨
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中