最新記事

キャリア

転職活動がうまくいかないのは「言い訳」をしているから──47歳でGoogleに入社した主席デザイナーの提言

2023年5月25日(木)15時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

同じ業界を志望して内定を勝ち取った履歴書のサンプルを参考にしたり、履歴書の添削サービスを利用したりしてもいい。知人からフィードバックをもらうことも大切だ。

今まで使っていた履歴書を修正するのではなく、一から書いてみるのもいい。私は会社でプロジェクトを進行するとき、アイデアに行き詰まったり、負のスパイラルに陥ったりした場合はいつも「ふりだしに戻ろう!」と叫ぶ。

うまくいかないことには理由がある。理由を分析しないかぎり、いくら努力しても結果はついてこない。私の経験上、努力と成功は別物だ。書類選考に何度も落ちるときは、その理由を根本的に分析する必要がある。

期待値が高すぎるのではないか?

もし選り好みをしているのなら、まだそれほど切羽詰まっていないということだ(耳が痛い話をするのは私もつらい)。

私がアメリカで最初に就職したのは、人材派遣を行うコンサルティング会社だった。コスト削減のために外部人材を活用する企業に対し、優秀な人材を安く提供する会社だ。人材派遣会社が労働力を確保する秘訣は、就労ビザが必要な外国人労働者を採用することである。

当時、私も多くの不採用通知を受け取り、最初に採用通知をもらったのがこの会社だった。初めての年俸は業界の平均にも満たない水準だった。

しかし、それをどうこう言える境遇ではなかった。かといって、大きく気を落とすこともなかった。ひとまずアメリカで就職できたので、これからどんどん前進できるだろうと思えたからだ。

最初に勤める会社にそれほど大きな意味はない。採用通知をもらった後も、求職活動を続ければいい。

いろいろな買い物をしているうちにいいものを見る目が身につくように、多くの職場を経験すれば自分に合った職場を見つけられるようになる。会社はあなたの人生に必要なものを満たす手段に過ぎず、人生を永遠にしばりつけるものではない。

答えを決めつけていないだろうか?

何度も強調してきたことだが、成功率を高めるにはボールを投げなくてはならない。それも、いろいろなボールをいっぺんに投げるべきだ。ところがこのとき、自分で決めた方向だけにボールを投げてしまうことがある。

たとえば、「大企業はどうせ無理だろうからエントリーしない」とか、「職種変更をしようと思っているけれど、まだ準備ができていないからやめておこう」「韓国の会社はダメだ」「アメリカの会社はダメだ」「英語力が足りない」など、いろいろと言い訳をして自分のコンフォートゾーンから出ようとしない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英首相、選挙に勝てば18歳に兵役導入へ

ワールド

中国がグアテマラの貨物入国拒否、台湾との関係影響か

ビジネス

トランプ氏復権、バイデン氏続投より債券に弱気=ビル

ワールド

ラファにイスラエル軍の空爆、パレスチナ人少なくとも
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中