最新記事

爬虫類

ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出てきたまさかのニシキヘビ

2023年3月2日(木)19時55分
若道いつき
ニシキヘビ

(写真はイメージです) rai-iStock

<駐車していた自分の車の周りに人だかり。何の騒ぎかと思ったら......>

先月フィリピンで撮影された衝撃的な映像がネット上で広く拡散され、話題となっている。

マニラ首都圏パラニャケの高級住宅街BFホームズにあるスターバックスで息子を待っていた男性は、駐車場で自分の車の周りに小さな人だかりができていることを警備員から知らされた。車の下にヘビがいると分かったときには、「こんな狭い隙間に入っているくらいだから、きっと小さなヘビに違いない」と思ったようだが、すぐにそうではないことが分かったという。

警備員やその場に居合わせた男性らによって引っ張り出されたのは、体長約2.5メートルのニシキヘビだった。

2月7日に地元メディア「Alabang Bulletin」のフェイスブックページ上に公開されたこの動画は、(2日の時点で)240万回超の再生数を記録。コメントも1000件以上寄せられた。

【動画】スタバの駐車場でしぶといニシキヘビを車から引っ張り出す男性たち

フィリピンには100種以上のヘビが生息している。今回見つかったニシキヘビがどの種かは不明だが、フィリピンで最もよく見られるのはアミメニシキヘビだ。

このヘビは世界でも最大級で、最長で体長10メートル近い個体も記録されている。商業用のヘビ皮のために広く狩猟されているにもかかわらず、東南アジア全域で安定した個体数を維持しており、国際自然保護連合(IUCN)はアミメニシキヘビを絶滅危惧動物のリストで「低懸念(LC)」に分類している。

毒はなく人間を襲うことは稀だが、人が食べられたケースも多数報告されている。2018年には、インドネシアの女性が体長約7メートルのアミメニシキヘビに丸呑みされる事件が発生した。

20240305issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年3月5日号(2月27日発売)は「世界が愛した小澤征爾」特集。[保存版]巨匠・小澤征爾、88年の軌跡。[独占インタビュー]佐渡 裕/イツァーク・パールマン

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

インタビュー:来期・再来期も最高益目指す、インドな

ビジネス

丸紅、イオンと新たな戦略的提携 株式追加取得

ビジネス

インタビュー:米でM&A検討、スーパードライの海外

ビジネス

今後の株価、成長と分配の好循環の実行が大事=経団連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中