最新記事

地震予知

トルコ大地震を予知した?鳥の異様な行動が観察される

Does Turkey earthquake video show birds acting strange before?

2023年2月9日(木)17時23分
ジェス・トムソン

(写真はイメージです) Ralf Liebhold-iStock.

<鳥の群れの行動は、動物に地震予知能力があることを示す新たな証拠とも言われるが、動物たちはいったいどうやって地震を察知するのか>

昔から、動物には地震を予知する能力があると言われてきた。

1月6日未明にトルコとシリアの国境付近で起きたマグニチュード7.8の地震の直前に撮られたある動画がその証拠として、ネット上で急速に拡散している。地震発生の直前に撮影されたものとされる動画には、鳥の群れが普段とは明らかに異なる行動を取っている様子が映っている。

【動画】トルコ大地震の前の不気味な鳥の群れ、地震予知した?猫カフェの猫たち......

この動画はs/Solonik70というユーザーがSNSのレディットに投稿したもの。「トルコで起きた地震の直前に鳥がおかしな行動を取っていた」というコメントを添えた動画には、1万8400件の高評価がついている。

そこには、鳥の群れがぐるぐると円を描くように飛びまわり、一斉に近くの木々にとまる様子が映っている。辺り一帯の木の上部は、降り立った鳥の群れで黒い塊と化す。

あるユーザーは、「鳥は人間には察知できない小さな前兆を察知できるんだ。嵐が近づいている時にも、動物たちは急いで出来る限りの餌を食べる。それと同じだ」とコメントした。

古代のネズミから現代の犬まで

動物は地震を事前に察知できるということは、何千年も前から言われてきた。米地質調査所の報告書によれば、最も古い記録では、紀元前373年にギリシャで起きた大地震の数日前に、ネズミやイタチ、ヘビやムカデが安全な場所に避難したことを記した文献があるという。

この指摘は、さほど的外れなものではないかもしれない。2020年に学術誌「エソロジー(動物行動学)」に発表された研究報告によれば、イタリアのある農場で飼われていた牛、犬と羊に電子タグをつけて行動を観察したところ、近くで起きた8回の大規模な地震のうち7回で、その直前に動物たちが「超活発」になったことが分かった。「超活発」とは、45分以上にわたって動き続ける状態のことを指す。

独マックス・プランク動物行動研究所のディレクターで、この研究報告の著者であるマーティン・ウィケルスキーは、米ワシントン・ポスト紙に対して「(研究では)動物が地震の前兆を感知できること、その前兆とは地震活動ではないことが示された」と述べ、さらにこう続けた。


「牛は当初、その場で固まって全く動かなかった。その後、犬が不安な様子を見せて、狂ったように吠え始めた。その後羊が異常行動を取り始めると、牛も常軌を逸した状態に陥った」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中