最新記事

SNS

息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニーは、またもヌードを投稿

2022年12月2日(金)19時45分
キャサリン・アルメシン

ブリトニー・スピアーズ(2013年7月) Mario Anzuoni-Reuters

<実の息子から会うのを拒絶される原因になろうと、なぜかSNSにヌード写真を投稿するのをやめようとしないブリトニー・スピアーズ>

人気歌手のブリトニー・スピアーズが、再びフルヌード写真をソーシャルメディアで公開した。スピアーズはヌード写真を度々投稿し、物議を醸している。今回の写真は11月27日にインスタグラムに投稿されたもので、バスタブに裸で横たわった彼女は胸を手で覆い、ピンクの花の絵文字で局部を隠している。

■【写真】息子たちに嫌がられても、なぜかヌード披露を続けるブリトニーが投稿した写真

「私はダサいのが好き! プロの写真はいらない。ダサい方が私には楽。拍手して!」とキャプションに書いた。

この投稿に対し、様々な反応が上がっている。スピアーズを擁護するユーザーがいる一方で、昨年11月に13年間にわたる成年後見人制度から解放されて以来、彼女が過激な写真を相次ぎ投稿していることに困惑するユーザーもいる。

「フォローを解除する。あなたはとてもおかしくなっていて、ドラマチックな出来事や奇妙なことに巻き込まれ、癒されていない。癒し、セラピー、新しい夫が必要だ」とあるユーザーはコメント。

「裁判官は理由もなく成年後見人制度を適用したりしない。彼女を守るためだった。彼女はいま『イエスマン』に囲まれているから、こんな行動を起こすのだ。彼女がうまくいくことを祈る。彼女と子供たちを思うと心が痛む」と別のユーザーは書いた。

一方で、あるファンは「もし私が13年間命令され、成長して40歳になり、自由になったとしたら、自分のセクシュアリティについて表現し、語るはず! みんな、彼女が自分の体をどう表現するか、ずっと男性たちにコントロールされていなかったかのように振る舞っている。『いいね』が少ないために誘惑するような投稿をする人もいる」と主張した。

別のユーザーは、「あなたに送るたくさんの愛が、あなたの心に届くことを願っている。セレブリティや未熟な『自由人』としてではなく、信頼できる友人たちに大切にされている人としてのあなたを見たいと誰もが思っている。あなたはそれにふさわしいから。何百万もの人々があなたを愛し、あなたにラブ、ケア、ピースが訪れることを願っている」と書いた。

息子たちは投稿をやめるよう懇願

スピアーズの元夫のケビン・フェダーライン(44)は、2人の息子であるショーン・プレストン(17)とジェイデン・ジェームズ(16)が、スピアーズの性的な写真の投稿を理由に「彼女に会わない」ことを選び、投稿をやめるよう彼女に懇願していると明かしていた。

フェダーラインは今年、英デイリーメール紙のインタビューで「彼ら(子供たち)に『あれは彼女が自分を表現しようとする方法なのかもしれない』と説明しようとしている。しかし、彼らに与える影響を否定するものではない。大変なことだ。高校に行かなければならないティーンエイジャーにとって、どんな気持ちなのか想像もできない」と語った。

フェダーラインのインタビューを受けて、スピアーズの現在の夫でフィットネスインストラクターのサム・アスガリは、彼女を擁護。「妻はお尻以外のヌードセルフィーを投稿したことがなく、その写真も最近は控え目だ。その他の投稿はすべて、ローションや石鹸の広告で見られるような暗示的なヌードだ」と述べた。

スピアーズ本人も10月、インスタグラムのアカウントを削除した後にツイッター上でヌード写真を公開し、フェダーラインと息子たちに反撃している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月