最新記事

進化

「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかったらどうなっていたのか

2022年11月28日(月)18時30分
松岡由希子

恐竜が絶滅せずに進化し、知性を持つようになっていたら...... PEDRE-iStock

<地球と小惑星との衝突が回避され、恐竜が生き残ったとしたら。知的生命体となった「恐竜人間(ディノサウロイド)」の可能性はあったのだろうか......>

6600万年前に恐竜が絶滅した原因として、隕石衝突説が有力視されている。小惑星が地球に衝突して大量の塵が発生し、これらが大気中に漂うことで空が暗くなり、植物が光合成をしなくなって激減。食物連鎖は崩壊し、やがて恐竜を含め、多くの動物が絶滅したと考えられている。

英バース大学のニコラス・ロングリッチ博士らの研究チームは、北米のK-Pg境界(約6550万年前の中生代白亜紀と新生代古第三紀との境界)における哺乳類の多様性を調査し、2016年5月に学術雑誌「ジャーナル・オブ・エボリューショナリーバイオロジー」でその研究成果を発表した。これによると、59種のうち生き残ったのはわずか4種で、93%の種が絶滅していたという。

「恐竜が絶滅せずに進化し、知性を持つようになっていたら」

それでは、地球と小惑星との衝突が回避され、恐竜が生き残ったとしたら、どうなっていただろうか。
1980年代、カナダの古生物学者デイル・ラッセル教授は「肉食恐竜が絶滅せずに進化し、道具を使える知性を持つようになっていたとしたら」という思考実験を行い、知的生命体となった「恐竜人間(ディノサウロイド)」を提唱した。

ラッセル教授の「ディノサウロイド」説に対し、ロングリッチ博士は、2022年11月24日付のニュースサイト「ザ・カンバセーション」の寄稿記事で、「生物の進化には一定の方向性がある」とする「定向進化」を根拠に、「『ディノサウロイド』は不可能ではないが、可能性は低い」との見解を示す。

ジュラ紀前期にはブロントサウルスが体長30メートル、体重30~50トンの大型に進化した。同様に、北米大陸に生息したディプロドクス、ローラシア大陸西部とゴンドワナ大陸の一部に分布したブラキオサウルス、中国大陸に生息したマメンチサウルス、インドに生息したティタノサウルら、複数の分類群で巨大化している。

これらに共通するのは竜脚類である点だ。ロングリッチ博士は「肺や中空骨、代謝など、竜脚類の解剖学的構造が進化への道をひらき、他に類を見ない方法で巨大化したのかもしれない」と考察している。

肉食恐竜も体長10メートル、重さ数トンへと進化を繰り返した。1億年かけて、メガロサウルス、アロサウルス、カルカロドントサウルス、ネオヴェナトル、そして史上最大級のティラノサウルスまで進化したのだ。

恐竜の脳はわずかに大きく進化していたかもしれないが......

恐竜は進化を繰り返して巨大化する一方、その脳は比較的小さなままであった。白亜紀後期に北米大陸で生息したティラノサウルスの脳はわずか400グラムだ。

ロングリッチ博士は「地球と小惑星の衝突がなかったら、長い首を持つ巨大な草食恐竜やティラノサウルスのような大型肉食恐竜がまだ生息していただろう」とする一方、「これらの恐竜の脳はわずかに大きく進化していたかもしれないが、知能が進化したことを示す証拠はほとんどない」と主張している。

historych20221128aa.jpg次のページ 動画:恐竜人間「ディノサウロイド」の可能性は?

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米FRBが0.25%利上げ、「進行中」の引き締め適

ワールド

FBIがバイデン氏の別荘を捜索、機密文書見つからず

ビジネス

米フェデックス、役員・取締役を10%削減へ コスト

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月