最新記事

動物

猿のアイアイの鼻ほじり、長い指を喉の奥まで突っ込んでいた

2022年11月22日(火)16時30分
松岡由希子

アイアイが鼻ほじりする様子が初めてとらえられた...... (C)Anne-Claire Fabre / Renaud Boistel

<細長い指を持つことからユビザル(指猿)とも呼ばれアイアイが鼻ほじりする姿がはじめて撮影された......>

アイアイはキツネザルに近縁で、世界最大の夜行性霊長類だ。細長い指を持つことからユビザル(指猿)とも呼ばれ、特に中指は細長く、鉤爪がある。この中指は採餌のための高度な専門性を持ち、木の表面を叩いて反響音を発生させ、内部にいる幼虫の場所を見つけ出し、穴をあけて餌となる幼虫を器用に取り出す。

しかし、アイアイが中指を使うのは採餌のみにとどまらないようだ。このほど、アイアイが中指で鼻ほじりする姿が初めてとらえられた。一連の研究成果は2022年10月26日付の学術雑誌「ジャーナル・オブ・ズーロジー」で発表されている。

中指は喉の奥まで届くことがわかった

スイス・ベルン大学のアンヌ-クレール・ファーブル准教授らの研究チームは、米ノースカロライナ州のデューク大学キツネザルセンターで飼育されているメスのアイアイ「カリ」の夜間の行動をローライトのデジタルビデオカメラで撮影した。すると、中指を鼻の奥まで入れ、鼻くそをほじり出し、その指をきれいになめている様子が何度もとらえられた。

研究チームはこの行動を詳しく解明するべく、アメリカ自然史博物館が所蔵するアイアイの標本の頭蓋骨と手をCTスキャンし、鼻腔内の中指の位置を復元した。その結果、中指は喉の奥まで届くことがわかった。

研究チームの調査によると、これまでにヒト、チンパンジー、オランウータンなど、少なくとも12種の霊長類で鼻ほじりが確認されている。いずれも運動能力が高く、その多くは道具を巧みに操って利用する能力を持つ。

63Aye_ayes_pick_out_bogey.jpg

霊長類がなぜ鼻ほじりをするのかわかっていない

しかし、ヒトやその他の霊長類がなぜ鼻ほじりをするのか、その理由はまだ十分に解明されていない。研究論文では「霊長類の他の分類群や脊椎動物全般にわたる鼻ほじりの比較研究によって、その起源や機能、進化についてさらなる洞察が得られ、医学的にも興味深い視点がもたらされるかもしれない」と述べている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:チャットGPT人気につられ中国でAI関連

ワールド

独仏、米高官と補助金巡り協議 透明性確保で合意も具

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月