最新記事

感染症

かつて大流行したペストが、ヒトの遺伝子を強化したという研究結果──新型コロナウイルスは?

Plague and Evolution

2022年11月2日(水)13時18分
パンドラ・デワン

黒死病を引き起こすペスト菌がヒトの遺伝子を進化させた? SCIENCE PHOTO LIBRARY/AFLO

<14世紀に世界で大流行した黒死病(ペスト)が人類の進化に影響を与えた証拠を示す、ネイチャー誌の最新研究。新型コロナウイルスにもその可能性があるのか?>

感染症は人類の進化を最も強く推し進める要因の1つ。この10月に発表された論文では、14世紀に大流行した黒死病(ペスト)がヒトの進化に影響をもたらした可能性を示す遺伝的証拠が示された。

ネイチャー誌に掲載されたこの論文は、ある遺伝子の変異の発生頻度がペストの大流行前後でどれだけ変わったかを比較。この遺伝子に、新たな環境に適応進化する「正の進化」がもたらされた証拠を発見した。

ペストは人類史上最悪のパンデミックの1つだ。1346年にヨーロッパ、中東、北アフリカで流行が始まり、人口の30~50%が死亡した。

原因となるペスト菌は齧歯類(げっしるい)が媒介し、ノミによって感染が広がる。「この細菌がさまざまな臓器に感染して大量に増殖する能力は、全く驚くべきものだ」と、論文の共著者の1人であるハビエル・ピサロセルダは言う。

「増殖した細菌は多臓器不全を引き起こし、死をもたらす」

ペストはその後4世紀にわたり流行したが、死亡率はおおむね低下していった。その要因として、人間が遺伝的に進化して細菌への抵抗力を獲得したという説がある。

今回の研究では、ロンドンとデンマークでペストの流行前と流行中、終息後に死亡した遺体から抽出したDNAサンプル206点を分析。

その結果、流行前のサンプルにはほとんどないが、終息後のものには数多く見られる4種類の遺伝的変異体が確認された。変異体の1つは、白血球を用いた実験でペスト菌の増殖を抑えることが分かった。

「自己免疫疾患」の増加も

進化の過程では新たに生まれた遺伝的変異体に対し、「自然選択」(生物の生存競争において有利な形質を持つものが生存する)が作用することが多い。それが集団全体に広まるには、何世代もかかることが少なくない。

ただし共著者の1人ルイス・バレイロは、この研究で新たに見つかった変異体には「選択」が作用しておらず、「既に集団に存在していた変異体が、ペスト菌の出現時にプラスに作用するようになった」と言う。

さらに彼は「論文で扱った遺伝子変異は免疫細胞、特にキラーT細胞を活性化させる働きに関与している」と言う。変異体のこうした免疫的な役割からすると、遺伝的変異体が「選択」されることで、細菌に対する一定の抵抗力がもたらされた可能性がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ユニリーバ、新CEOにオランダ乳業大手トップ 株価

ビジネス

12月小売業販売額は前年比+3.8%=経産省(ロイ

ビジネス

失業率12月は2.5%で前月と同水準、有効求人倍率

ビジネス

政権に翻弄、山口副総裁は共同文書に慎重=12年下半

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 8

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月