最新記事

台湾有事

中国の台湾侵攻は何ヵ月も前から秘密でなくなる──元CIA分析官

China Won't Have Element of Surprise in Taiwan Invasion—ex-CIA Analyst

2022年10月6日(木)11時29分
ジョン・フェン

中国建国70周年の軍事パレードで手を振る習近平(2019年10月1日、北京の天安門広場)Thomas Peter-REUTERS/

<中国の台湾侵攻はその規模の大きさゆえに国家的な準備が必要で、戦略的なサプライズをもたらすことはできない。アメリカや台湾が探す具体的な兆候の一部を挙げよう>

元CIAアナリストのジョン・カルバーは10月3日、中国が将来、台湾を侵攻するとしても、それは「戦略的なサプライズ」にはなりえない、と指摘した。台湾侵攻を開始するとなれば、それに先立って全国的な動員が行われるため、数カ月から1年前にそれとわかる可能性が高いと、彼は言う。

CIA に35年勤務し、2015年から18年まで同局の東アジア情報担当トップを務めていたカルバーによれば、アメリカの情報機関は、中国において、ウクライナ侵攻前のロシアのような、軍の全体的な増強に向かう気配は感じていない。それは中国政府が近代史上最大の水陸両用攻撃に必要な準備をまだ始めていないことのさらなる証拠だ。

カルバーはこの見解をカーネギー国際平和財団シンクタンクに寄稿した記事で発表し、近い将来、台湾海峡で紛争が起きる可能性についての臆測を鎮めようと努めている。

中国の台湾進攻の可能性は、米政府高官らが言い出したことだが、ジョー・バイデン大統領が9月に中国が侵攻すれば米軍が台湾を守るとテレビのインタビューで発言したことで、再び注目を集めた。

なかでもよく引き合いに出されるのは、2021年春まで米インド太平洋軍の司令官を務めたフィリップ・デービッドソンの昨年の米議会における証言だ。彼は2027年に中国が台湾を侵攻すると予測した。

準備の気配は隠せない

米軍のマーク・ミリー統合参謀本部議長も、2027年が人民解放軍創設100周年にあたることから、この予測を支持している。

もっともアブリル・ヘインズ国家情報長官ら専門家の一部は、中国が台湾に進出すると決めても、そのための準備を整えるには時間がかかる、という。

ヘインズは5月の上院委員会で、中国は2030年までに「欧米の介入をものともせずに、軍事力で台湾を奪える立場を確立しようと懸命に取り組んでいる」と述べた。

ロイド・オースティン米国防長官は2日、CNNで「差し迫った侵略」の兆候はないと語った。

現在、大西洋評議会のシンクタンク、グローバル・チャイナ・ハブの上級研究員を務めるカルバーもこう述べている。「中国が戦争を計画しているなら、戦いが近づいていることを示す確実な兆候があるはずだ」

「そうした兆候は見逃されるほどかすかなものではない」とカルバーは主張する。ミサイル製造の急増などのシグナルや、国内経済や軍部を外国の制裁から守ろうとする動きといった兆候が1年前から現れ、それを欧米や台湾の情報機関が発見する可能性は高い」

「その3~6 カ月後には、人民解放軍は通常訓練を中止し、ほぼすべての主要な装備の整備を行うだろう」とカルバーは述べた。「人民解放軍全体で、兵士の休暇が取り消され、軍人は任務に復帰し、駐屯地や艦船からの移動を禁じられる」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米連邦高裁、学生ローン返済免除の復活認めず 一審で

ビジネス

消費態度指数11月は1.3ポイント低下、判断2カ月

ビジネス

ロシュ、アルツハイマー薬の臨床試験ほぼ全て終了 効

ビジネス

鴻海の中国iPhone工場、人員補充へ報奨金付き紹

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月