注目のキーワード

最新記事

フィギュアスケート

ジュニア卒業に4年、世界王者まで7年 早熟の天才・宇野昌磨が「チャンピオンへの階段」を登った日

2022年4月15日(金)18時15分
茜 灯里(作家、科学ジャーナリスト)

世界屈指の難易度のプログラムをほぼ完璧に滑り切り、世界選手権で優勝を果たした宇野選手(3月26日、仏モンペリエ) Juan Medina-REUTERS

<2大会連続での五輪メダル獲得など輝かしい実績を積み上げる宇野選手だが、そのキャリアには苦労も多い。「天才スケーター」として名を馳せた小学生時代から頂点に至るまでの道のり、世界選手権を制した3つの要因を紹介する>

北京五輪、世界選手権と日本選手が大活躍した今シーズンのフィギュアスケートは、現在エストニアのタリンで行われている世界ジュニア選手権(17日まで)を最後に閉幕する。

7年前の2015年に同じ場所で行われた世界ジュニア選手権で、高橋大輔、織田信成、小塚崇彦、羽生結弦に続く日本男子5人目のジュニア王者となったのが、今年の世界選手権を制した宇野昌磨だ。

宇野は小学生の頃から「天才スケーター」として名を轟かせていた。平昌五輪(銀)、北京五輪(銅)と二大会連続のオリンピックメダリストで、世界選手権では今年の金以外にも2度の銀、四大陸選手権で金を獲得している宇野のキャリアは輝かしい。だが、ジュニア王者になるまでに4年、世界王者になるまでには7年の月日が必要だった。その道のりは、決して順風満帆なばかりではなかった。

宇野が今年、世界王者になれた勝因は、①コーチとの二人三脚、②靴への信頼、③リンクメイトの存在と考えられる。個々の事情を解説する前に、まずは念願の世界王者の座を掴むまでの足跡を振り返ってみよう。

思いのほかトリプルアクセルに苦戦

ノービス時代(スケート年齢[※]で9歳以上12歳以下)の宇野は、男子では小塚崇彦以来2人目となる全日本ノービス選手権4連覇を果たした。試合での強さもさることながら、「フィギュア王国・愛知」で育ちアイスショーやシニア試合のエキシビションに数多く出演していたため、フットワークのよい踊り心あふれる演技を披露する機会が多く、早くからファンに注目されていた。
※スケートシーズンは7月1日に始まり、翌年6月30日に終わる。クラスを規定する年齢は、シーズン開始直前の6月30日時点の満年齢が対象となる。

2010年のバンクーバー五輪前の特集番組では、12歳の宇野が「次のオリンピックメダル候補」として紹介された。伊藤みどりや浅田真央も指導したコーチの山田満知子は「このまま順調に伸びていけば、それ(14年のソチ五輪出場)が見えてくるんじゃないでしょうか」とテレビカメラの前で語った。

中学生になってジュニアクラスに上がると、これまで順調だった宇野の成長の前に壁が現れた。山田コーチとともに指導する樋口美穂子コーチが振り付けるプログラムは、宇野の表現力や踊りの上手さに磨きをかけた。だが、世界ジュニア選手権には日本代表として毎年出場していたものの、ジャンプの習得に苦心することになるのだ。

当時は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を習得して世界ジュニア選手権で好成績を修めてジュニアクラスを卒業するというのが、男子の有力選手の王道だった。宇野は試合でトリプルアクセルを成功させることが、なかなかできなかった。

とはいえ、練習量が人一倍多い宇野は、一度身につけたジャンプは試合でほぼ失敗せずに飛べるようになるのが強みだ。飛距離が長く余裕のあるダブルアクセルを飛んでいたこともあり「トリプルアクセルの習得には、さほど時間はかからないだろう」と、関係者やファンは楽観視していた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月