最新記事

北京五輪

北京五輪ジャンプ台の横に原発?「地獄のような光景」でも選手が文句を言わない理由

Beijing's Industrial Wasteland Setting for Winter Olympics Horrifies Viewers

2022年2月14日(月)16時02分
レベッカ・フラッド

ディストピア的?なビッグエアの会場 Fabrizio Bensch-REUTERS

<オリンピック会場とは思えない立地にネット民は騒然。だが、こうなったのには深い理由があった>

北京冬季オリンピックのある競技会場が、ネット上で「地獄の光景」に例えられ、話題になっている。スキーのジャンプ台が、製鉄所の跡地を転用した遊園地「首鋼パーク」内に建てられているのだ。

北京では第24回冬季オリンピックが開催されている。北京の西部にあるフリースタイルスキーやスケートボードのジャンプ台がある競技会場「ビッグエア首鋼」で競技が始まると、SNS上で会場の異様な光景に驚きの声があがった。

溶鉱炉や煙突、冷却塔など、製鋼所などの古くシュールな施設を背景に、とてつもなく大きく人目を引く高さ64メートル、長さ164メートルのジャンプ台が聳え立っている。

男女フリースタイルスキー・ビッグエア種目の予選に参加した選手たちは、ジャンプ台の背後の北京オリンピックのロゴが刻まれた冷却塔を背景に写真を撮った。

ツイッターでこの会場の写真を共有した@LeaMaricは、「地獄のような光景」とコメントした。2月7日に投稿されたこのツイートは3万回以上「いいね!」がつき、他のユーザーも同じような意見をつぶやいた。


ユーザーのリンゼーは「ビッグエアの試合の背景に核施設のようなものがあるなんて、ディストピア的だ」と投稿。

選手には意外に好評

「オリンピックのビッグエア種目の競技場は、スプリングフィールド原子力発電所のすぐ隣にあるらしい」というジョークを投稿したのはジョン・ロベット。スプリングフィールド原子力発電所とは、テレビアニメの『ザ・シンプソンズ』に登場する架空の原子力発電所だ。

「北京のどこを探してもビッグエアの競技場に適した場所が見つからないから、発電所のどまんなかに建てたんだな。中国っておしゃれだね(大笑い)」というコメントもあった。

「どんなビッグエア会場にするかを話し合ったとき、主催者は『スリーマイル島(アメリカの原子力発電所)の日の出をイメージしよう』と言ったのかな?」とマイケルはからかった。

とはいえ、誰もがこのジャンプ台を気に入らなかったわけではない。ビル・トンプソンはこうコメントした。「2週間後には使われなくなる仮設のジャンプ台を作るために、家や森を壊すよりいいじゃないか」

選手たちもこの会場については好意的だった。中国代表として参加しているアメリカ生まれのフリースタイルスキー選手アイリーン・グーは言う。「この会場はとっても素敵。だって、ジャンプ台以外は、どこを見ても雪がない」

「ここで滑っていると、なぜか氷河の上にいるような気分になる」。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月