最新記事

ペット

ロックダウン生活支えたペットたち、いまや飼育放棄続々 英・独

2021年12月10日(金)20時30分
青葉やまと

ペットシェルターの収容能力は限界に近い...... Valeriy Volkonskiy-iStock

<厳格なロックダウンを実施した欧州で、ペットの飼育急増と放棄が問題に。イギリスでは1年半で犬の飼育が150万頭増えたとの推算も>

イギリスで大規模なロックダウン(都市封鎖)が起こると、人々は新たなパートナーを家庭に迎え、気分が落ち込みがちなステイホームの時間を明るく過ごそうと考えた。ペットブームの到来だ。

ある動物保護団体は過去18ヶ月でイギリスにおいて、約150万頭の犬が新たに飼われたとの見積りを示している。供給が追いつかず、海外から続々と仔犬が輸入されるほどの過熱をみせた。猫の人気も伸びた。英愛護団体が今年10月に実施した調査によると、猫を飼育する人の数はパンデミックを機に7%ほど増えたという。

困難な時代、ペットを迎えることで明るく過ごそうという試みは前向きではある。しかし、なかには将来を見据えず、その場限りの判断で購入した人々も多かったようだ。わずか数ヶ月後、ペット熱は一気に冷え込む。

ガーディアン紙によると、英動物虐待防止協会には引き受けの依頼が殺到し、団体のデスクに据えられた電話は数分おきに鳴りつづけたという。状況が最も深刻だった昨年末には、1日あたり70匹ほどの動物を連日引き取っていた。

イギリス最大の動物保護機関であるドッグ・トラストの犬舎はすでに満杯となり、登録済の里親たちもこれ以上は引き受けられない状況だ。だが、「おそらくピークはこれからでしょう」と同施設の専門家はみる。

イギリスだけでなく、同じ欧州のドイツでも似たような傾向が報告されている。国営放送のドイチェ・ヴェレによると、2019年から2020年までに飼い猫の数は100万匹増加した。犬も60万匹増となっている。オークションサイトのeBayでは違法な仔犬の取引が後を絶たなかった。

複数の保護団体が衝動的にペットを飼わないよう呼びかけたが、聞き耳を立てた人々は少なかったようだ。数ヶ月経ったいま、飼育に手を焼く人が目立ちはじめ、放棄するケースが相次いでいる。西部のある街では65歳の女性が、高さ2メートルのフェンス越しに保護団体の敷地内へと犬を投げ入れ、衝撃的なニュースとして報じられた。

パンデミックの特需が招いた、ペットのしつけ不足

多くのペットが手放されている背景には、パンデミック固有の事情がある。こと、本来正しくしつければ良好な関係を育むことができるはずの犬について、問題行動に手を焼く例が目立っている。

ガーディアン紙が指摘するのは、繁殖・流通上のストレス問題だ。前述のように需要に対応するため、多くの仔犬が海外から急きょ輸入された。イギリスの動物虐待防止協会の職員は同紙に対し、「こうした仔犬たちは、動物愛護よりも量産に重きを置いた施設と環境で繁殖されています」と説明する。

幼くして母親から引き離され、さらに長い時間をかけてイギリスまで輸送されることでストレスが蓄積し、将来的に問題行動を起こす可能性が増すのだという。

また、ロックダウン中に適度な外出ができなかったことから、犬同士で社会性を育むことができなかったことも災いした。仔犬の時期にほかの動物や大きな音に慣れる機会がなかったことも、過剰反応を示す傾向を招いている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月