最新記事

世界に学ぶ至高の文章術

日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語の奥深さ」と「文章の極意」

2021年10月22日(金)10時41分
ニューズウィーク日本版編集部
オンライン座談会

オンライン座談会の様子

<日本でプロの物書きとして活躍するパックン、マライ・メントライン、カン・ハンナ、石野シャハランはいかにして日本語をマスターしたのか、文章術の秘密を座談会で公開。本誌「世界に学ぶ至高の文章術」特集より>

「言葉の達人」であるアメリカ出身のパックン、ドイツ出身のマライ・メントライン、韓国出身のカン・ハンナ、イラン出身の石野シャハラン。彼らに日本語の難しさや特徴、目標とするライター、面白い文章を書くコツなどをオンラインで語ってもらった(構成は本誌編集部。本記事は「世界に学ぶ至高の文章術」特集掲載の座談会記事の拡大版・前編です)。

◇ ◇ ◇


パックン まず、それぞれ何年ぐらい日本にいるのか教えてください。僕はたぶん一番先輩で、28年。あと2年で三十路を迎えます。

シャハラン 10月で19年になります。

マライ 今月で14年目になります。

ハンナ 私は10年。

パックン じゃあ、自分がちゃんと日本語をしゃべれると思ったのは、来日して何年ですか?

シャハラン 私の場合は、しゃべれなかったら、たぶん環境的に生きていけなかった。

パックン 良いツカミですねぇ~。どういう環境ですか?

シャハラン 半年以内に、何としてもしゃべれるようにならないといけなかった。東海大学の日本語研修課程で勉強していたんですよ。でも、決まった期間で学部生に進学しないといけない。ダメだったら国に帰るか、専門学校や日本語学校に行くしかなかった。

パックン 半年ぐらいで、授業についていける程度の日本語力が身に付いたんですか? すごいですね。地方に行くのは日本語を早く身に付ける秘訣というか、コツですよね。マライさんは(留学した大学は)東京だったでしょ?

マライ そうですね。といっても、最初に日本に来たのは16歳の時、1999年で。だからシャハランさんと似たような状況でメチャクチャ共感します。まだネットがそんなにアクセスできない時期でしたし、ネット辞書も全然ない。すごく薄い旅行者向けポケット辞書だけで日本に来て、姫路の田舎のほうの高校に通いました。外国人は1人もいない。関西弁ですし、日本語とはちがう言葉をみんな話している感じでした。

パックン じゃあ、難なく生活できるようになるのは、何カ月目ですか?

マライ 半年ですね。

パックン おお、やっぱり。

マライ もちろんもっと早くいろいろ分かるようにはなるんですよね。この状況では、こうとしか言わないだろう、となんとなく分かるようにはなる。

パックン 文脈ですよね!察するのは大事ですよね。

マライ もう、空気を読むマイスターになりましたね、本当に。

パックン ドイツのマイスター制度ですね。なぜその質問をしたのかと言うと、僕も半年くらいで、何とか生活できる程度の日本語を身につけて、2年ちょっとで、日本語検定一級を取ったんですよ。オレすげえな! と思ったんですが、試験会場で近くの人に聞いたら、10か月で取ろうとしていると。その人は韓国人だったんですよ。だから最後に、ハンナさんにわれわれの自慢を、ぶっ壊していただきたくて。

助詞という鬼門

ハンナ 流れがヤバイ(笑)。私はちゃんと日本語学校とかで習ってなくて、100%独学で、2カ月で喋れるようになりました。

パックン 凄いなあ。

ハンナ 全く日本語がしゃべれなかったんですけど、スカウトされてラジオが決まっちゃったんですよ。

パックン しゃべれないのにラジオが決まるの? いいなあ、そういう事務所入りたいなあ。

ハンナ 一人でしゃべるラジオをやらせていただきまして。ゆっくり文法を理解していくひまもなく、毎日1日20時間、1人で台本を丸ごと暗記をして。そしたら、2カ月ぐらいでしゃべれるってなりましたね。

パックン 読み書きはどれくらいで?

ハンナ 韓国人の特徴ですけれど、自分もけっこうハングリー精神が強い。なので日本で大学院を受験するぞ、と決めて、そこから独学で論文とか先行研究を読んで、受かったという流れですね。

パックン ほら、僕ら西洋人、全然大したことないじゃん。

ハンナ いえ、そんなことはないですよ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

再送日産、米国不振で今期利益を下方修正 4─6月期

ビジネス

ジュリアス・ベア、資金流入が増加傾向 シグナ巡る懸

ビジネス

アングル:円急騰の裏には誰が、深読みする市場 介入
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中