最新記事

インド

病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

2021年6月14日(月)18時20分
青葉やまと

放棄されたインドのICU? SNSで拡散されて話題に NDTV-YouTube

<訝しむ親族が私立病院のICUを訪ねると、医師も看護師もそこにはなく、遺体だけが残されていた>

現場となったのは、首都ニューデリー近郊に位置する私立病院のクリッティ・ホスピタルだ。スタッフのいない無人状態のICU(集中治療室)内部で患者たちが絶命しており、この様子を収めた動画がインドを中心にSNSで拡散した。

動画は院内のICU前の通路で撮影されたもので、怒りに燃える親族たちの様子を確認できる。患者の親族たちがICUに詰め掛けるが、扉は固く施錠されている。ガラス越しに室内を覗くと、なかには医者の姿も看護師の姿も見られない。

続いて彼らは扉をこじ開け、内部へと侵入した。ICU内で撮影された映像からは、ベッドの上で事切れた遺体を確認できる。遺体は全部で3体あり、ICU以外の病棟で死亡した患者も含めると計6名に上る。

患者の親族たちはICUに一切のスタッフがいないことを悟ると、院内に医師の姿を求めた。動画では、撮影者がカメラを回しながらロビーに戻り、「ここにも医者はいない、薬剤師も...受付はもぬけの殻。警備員さえもいない」と語気荒く語る様子を確認できる。撮影者はナースステーションや病室にも無断で立ち入るが、関係者の姿はほぼ見られない。

ほかの親族たちもみな怒り心頭の様子だ。口々に怒鳴りながらスタッフを探し、院内を歩き回る。現場に駆けつけた警察官に「医者たちがこうして逃亡するようなことがなぜ許されるのか」と詰め掛ける男たちの姿も見られた。

動画はSNSで拡散されて話題となり、5月になって各種メディアにも取り上げられるようになった。デリーに拠点を置くニュースメディア『NDTV』は、「背筋も凍るこの動画では、ICUのベッドに微動だにせず横たわる患者たちをカメラが捉え、画面外からは『死んでいる、死んでいる...』という声が聞こえる」と動画の内容を報じている。

Videos Show Locked ICU, Dead Bodies Within, Staff In Hiding


酸素不足の悲劇が繰り返されていた

インドでは重傷者の急増に伴い医療用酸素の供給体制がひっ迫し、酸素不足で命を落とす患者が相次いでいる。計6名が死亡した本件も、酸素不足が原因だ。インディア・トゥデイ紙によると病院関係者は、医療用酸素の供給不足を十分に受けられなかったことが原因だったと説明している。

NDTVの詳報によると、当日午後2時の時点で政府側から病院に対し、酸素の在庫が尽きたとの連絡が入ったという。午後4時ごろに病院側は患者の親族に連絡し、酸素の供給不足を乗り切るためにICUに収容すると伝えた。しかし、追加の酸素の確保が間に合わず、午後11時ごろには6名の患者たちが続々と息を引き取る事態となった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米レッドロブスター、連邦破産法11条の適用を申請

ワールド

北朝鮮の金総書記、イラン大統領死去に哀悼メッセージ

ビジネス

日経平均は続伸で寄り付く、半導体関連は総じて堅調

ワールド

バイデン氏、ガザの大量虐殺否定 イスラエル人の安全
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中