最新記事

宇宙

硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

A Coin-Sized Black Hole Would Destroy Earth—Here's How

2021年4月6日(火)17時00分
エド・ブラウン
地球と月に接近するブラックホールのイメージ

地球と月に接近するブラックホールのイメージ buradaki-iStock.

<人気掲示板サイトに投稿されたブラックホール衝突のシミュレーション動画が大ヒット>

3月29日、ソーシャルニュースサイト、レディットに「1セント銅貨サイズのブラックホールが地球と接触したときに起きる現象」をシミュレーションしたという動画が投稿された。

その後、この動画は偽物で、ブラックホールとは何の関係もなく、破壊される地球をCGIで描いたストック映像であることが判明した。だがすでにこの投稿には5000以上のコメントがつき、6万以上の高評価が集まっていた。その映像はこちら。

1セント銅貨大のブラックホールが地球に生じたら、確かに地球は破壊されすべての生命が全滅するだろう。だがそのプロセスはおそらく、上の映像とは違ったものになりそうだ。

1セント銅貨大のブラックホールは、後で説明する理由から、地球とほぼ同じ質量を持つ。

スタンフォード大学の素粒子物理学者フランク・ハイルは以前、地球の核に1セント銅貨大のブラックホールが現れたときに起きる現象について見解を発表したことがある。ハイルの意見では、地球は破壊されるが、その過程は単純ではない。地球は内側に潰れるだけでなく、外向きの圧力と、地球の自転の力も働く。

ハイルによれば、ブラックホールが破壊的なのは、その質量だけでなく、激しい熱と放射線を放出するからだ。それによって、地球の一部はブラックホールに吸い込まれることなく、宇宙に吹き飛ばされる可能性があるという。

円盤状になって回転

知識共有プラットフォームQuoraで、ハイルはこう解説した。「ブラックホールに近いところにある物質がブラックホールに向かって落下を始めると、物質は非常に高い密度に圧縮され、それに伴って高熱が発生し、温度が上がる。高温になったことによってガンマ線やX線、その他放射線が放出され、ブラックホールに吸い込まれる他の物質を加熱する」

「その結果、地球の外側の層に強い外向きの圧力が生じ、最初はその落下速度が遅くなり、最後は外に吹き飛ぶ」

一方、ブラックホールに向かって落下する内側の部分には地球の自転の力が残っており、外側が小さくなったことで回転速度が増していく、とハイルは説明する。

次に、ブラックホールに落ちていく塊はスピードを上げながらブラックホールの周りを回り始める。こうして地球に残った物質はすべて、ブラックホールの周りを回り続けることになる。

「このときの回転の運動量は、物体のブラックホールへの落下を遅らせる。その結果、ブラックホールの周囲に降着円盤(重い天体の周囲を公転しながら落下する物質によって形成される円盤状の構造)のようなものが形成される」

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、政策金利を0.25%に据え置き 資産買い

ワールド

原油先物は続伸、米在庫減とOPEC需要見通し引き上

ワールド

バイデン米大統領、28日に議会演説 ペロシ下院議長

ワールド

バイデン政権、UAEへの武器売却計画を続行 230

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 5

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 6

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 7

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 8

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 9

    テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史…

  • 10

    韓国ソウル、マンション平均価格が9億ウォン突破 全…

  • 1

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 2

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 3

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 4

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 5

    青色の天然着色料が発見される

  • 6

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 7

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 10

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月