最新記事

人種隔離

南部ジョージア州に人種隔離政策「ジム・クロウ法」が復活

Meena Harris, VP's Niece, Calls Georgia Voting Law 'The New Jim Crow'

2021年3月30日(火)19時00分
ジャック・ダットン
ケンプ知事の部屋をノックして逮捕されたとされるキャノン州議会議員

「人種隔離法」に「こっそり」署名・会見しようとする知事室のドアをノックして逮捕された州下院議員 NEWSWEEK/YOUTUBE

<現代のアメリカで、黒人の投票を難しくする法律が成立し、署名に抗議した黒人議員は逮捕された>

米ジョージア州議会は3月25日、選挙に関する州法の改正案、通称「SB(上院法案)202」を成立させた。米副大統領カマラ・ハリスの姪で弁護士のミーナ・ハリスはこの法律を白人と黒人を隔離し、黒人の投票権も実質的に剥奪した「ジム・クロウ法」の復活だ、とツイートした。ジム・クロウ法は19世紀末から1960年代まで南部諸州に存在した州法の総称だ。

SB202は共和党の主導によって、下院では賛成100反対75、上院では賛成34反対20で可決に至った。その1時間後、州知事ブライアン・ケンプの署名を経て成立している。

SB202により、ジョージア州では、不在者投票や期日前投票の実施方法、投票箱の使用に制限が加えられるほか、新たな有権者には厳しい身元確認が義務づけられる。また、郡の選挙管理委員会に問題があると州当局が判断した場合には、州当局者を選挙管理委員会の役職に送り込むことも可能になる(同州の実権は現在、共和党が握っている)。

一部の社会活動家や議員は、SB202を批判する。人種的少数派を含めた有権者の投票が抑制されるというのだ。ジム・クロウ法は、投票税を徴収したり識字テストを義務付けるなどして黒人の投票権を奪った。その狙いは、南北戦争後に黒人が手にした政治的・経済的な権利や利益を奪うこと。今もそれと同じことが起こっているという。

可決当日の夜にミーナ・ハリスは、共和党知事のケンプが6人の白人男性に囲まれて法案に署名している写真を添えて、「これは新しいジム・クロウ法だ。実際には古いジム・クロウ法と何ら変わりがない」とツイートした。

ジョージア州議会下院議員のドナ・マクラウドと、同州下院の元少数党院内総務ステイシー・エイブラムスは、この法改正を「ジム・クロウ法2.0」と断じた。

また、同州議会下院の民主党議員パーク・キャノン(黒人の女性議員)は、ケンプ州知事が法案への署名と記者会見を行っている最中に、州知事室のドアを叩いて抗議して逮捕された。警察はキャノンに対し、扉を叩くのを止めないと逮捕する、という警告を2度行なったとしている。

キャノンは2つの重罪で起訴された。逮捕記録によると、ひとつは「州議会あるいは議員による諸会議の阻止・妨害」、もうひとつは「意図的な妨害行為」だとされている。

キャノンは同日夜、フルトン郡拘置所から釈放された。彼女が姿を現すと、逮捕に抗議するために集まっていた人々が、「われわれはパーク(キャノン)を支持する!」と声を上げた。

ジョージア州では1月、連邦上院議員選挙の決選投票が行われ、争われていた2議席を民主党が奪い返して勝利を収めた。これによって連邦上院の支配権も民主党が握ることになった。共和党には屈辱的な敗北の地だ。

この連邦議員決選投票での民主党勝利に貢献したとされる人物が、ジョージア州議会下院の元少数党院内総務であるエイブラムスだ。エイブラムスは、ジョージア州のアフリカ系アメリカ人社会を中心に、投票率の向上と、ボーター・サプレッション(ライバル候補の支持者が脅して投票させない行為)の撲滅に向けて地道な運動を続けて効果を上げた。

エイブラムスは3月25日のキャノン逮捕を非難して次のように述べた。「黒人と褐色人種を標的にした、有権者の抑圧を可能にするSB202の可決に始まり、投票の権利を守ろうとした黒人議員の逮捕に終わった今日という日は、ジョージア州の暗い過去をよみがえらせるものだった。私たちは民主主義の未来のために戦わねばならない」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

ビジネス

焦点:政策正常化へ先行する複数の中銀、米テーパリン

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 6

    日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 7

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 8

    アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 2

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月