最新記事

感染症対策

ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

Fauci 'Liberated' With Biden After Feeling Inhibited by Trump Repercussions

2021年1月22日(金)15時35分
ジェニー・フィンク

アメリカのコロナ感染対策はこれからが本番(1月21日、バイデンと会うためホワイトハウスに到着したファウチ) Jonathan Ernst-REUTERS

<新政権になって「科学」に基づく政策ができるようになり「解放感を覚える」と会見で明かした>

米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、新型コロナウイルス対策をめぐってドナルド・トランプ前大統領と幾度となく衝突した。ジョー・バイデン新政権が発足して、ファウチはこれで気兼ねなく「科学」に基づく政策ができるようになった、と語った。

ロナルド・レーガン以降の全ての大統領に、感染症関連の助言を行ってきたファウチは、アメリカの公衆衛生対策における主要人物として高い評価を受けている。しかしトランプは日常的にファウチとは異なる主張を展開し、感染症の専門家である彼の指摘を頭ごなしに否定した。両者は対立していると報じられ、トランプがファウチを「更迭しようとしている」と何度も囁かれた。

ファウチはバイデン大統領就任翌日の1月21日にホワイトハウスで行った会見の中で、「過去のことについて語る」のは気が進まないとしつつも、トランプ政権時代は大統領と矛盾したことを言わなければならず「つらかった」と語った。「自分が何かを言えば必ず、なんらかの反撃に遭った。だからここに立って自分の知っていることを話し、証拠や科学を提示して、科学に自ら語らせることができるのには、解放感を覚える」

変異種懸念も「ワクチンの効果がない訳ではない」

アメリカでは19日に、新型コロナウイルスによる死者が40万人を突破した。1年足らずで、第2次世界大戦で死亡した米兵よりも多くの人が死亡したことになり、感染者数は累計で2450万人近くにのぼっている。

米国内で死者や入院者の数が増えつづけるなか、世界は新型コロナウイルスの「変異種」という、もう一つの差し迫った脅威にも直面している。イギリスで確認された変異種は、通常のウイルスよりも感染力が高いことが分かっているが、ファウチがもっと懸念しているのは、ブラジルと南アフリカで確認された変異種だ。

ブラジルと南アフリカの変異種は、入院患者の治療の一環として使われているモノクローナル抗体の有効性に影響を及ぼすことが確認されている。ファウチは、この変異種がワクチンの効果を減弱させる可能性があると述べたが、それでも「ワクチンの効果がない訳ではない」とも強調した。

ファウチは、ワクチンには「(感染拡大を)和らげる作用」があると指摘。それを考えれば、少しばかり効果が減弱しても「十分に効果的と言える基準を満たす」だろうとの考えを示した。「ウイルスの複製(拡散)が起こらなければ、変異も起こらない。そして多くの人がワクチン接種を受けて免疫をつけることで、その複製を抑制することができ、ひいては変異種の発生によってワクチンの効果が減弱する事態も避けられる。だからこそ、できる限り多くの人にワクチン接種を行う必要があるのだ」

ニュース速報

ワールド

欧州の防衛自律性、NATOとの共存可能=仏大統領

ワールド

カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延長

ワールド

米加州、ワクチン接種デジタル証明を開始 義務化はせ

ワールド

香港警察、民主派紙編集長ら2人を起訴 外国勢力と結

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月