最新記事

ブレグジット

EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの前例

We’re All Brexiteers Now

2021年1月23日(土)11時20分
ヨゼフ・ドベック(米外交政策研究所フェロー)

1992年のスイス国民投票で欧州経済地域加盟が否決された後、改めて賛意を示すデモ MONIQUE JACOTーGAMMAーRAPHO/GETTY IMAGES

<今後数十年でイギリス経済が受ける打撃と、EUに対する態度がどう変わるかは、1992年に加盟の道を自ら閉ざしたスイスを見れば分かる>

30年後のイギリス政治を想像してみよう。政府は二酸化炭素排出量実質ゼロを達成し、勝利を宣言しているかもしれない。議会はオートメーション化による大量失業に対処するため、最低所得保障を承認しているかもしれない。

だがブレグジット(イギリスのEU離脱)を果たしてから30年後のこの国で、EUへの復帰が議論されていることは、まずあり得ないだろう。

むしろ政治家は、誰がEUに対して最も強腰に出られるかを競っているはずだ。EU残留派は化石のような存在となり、イギリスは誰もがEU懐疑主義の国になっている。

なぜそう言えるのか。スイスを見れば分かるからだ。

スイスは1992年の国民投票で、有権者の50.3%が欧州経済地域(EEA)への参加に反対した。EUとの経済関係を続ける手段は、1972年に締結された古い自由貿易協定(FTA)しか残されていなかった。EU内の競合国に比べればEU市場へのアクセスは限られ、手続きは煩雑で費用もかかり、多くの輸出業者が競争力をそがれた。

その結果が10年に及ぶ低成長だ。競争力を求めた輸出業者は、生産拠点をEU加盟国に移した。1990年代初頭には不動産バブルの崩壊が招いた金融危機が、スイス経済に一層の打撃をもたらした。今では信じ難いが、1992〜2002年のスイスの成長率はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で最低レベルだった。

保護主義とコロナの傷

当時のスイスと同じく今のイギリスも、バラ色とは言えない見通しに直面している。ブレグジットに際して最終的に合意された通商協定は、スイスが1972年に締結したFTAをわずかに発展させた程度のものだ。EUに輸出するイギリス企業は今後、生産拠点を徐々にEU加盟国へ移すことになるだろう。

しかもイギリス経済が受ける打撃は、1990年代のスイスより深刻なものになる可能性が高い。理由は3つある。

第1に1990年代以降に市場が拡大したことで、EUは保護主義を強めている。特に金融サービスについては規制を統一し、第三国の事業者を締め出した。今後はイギリスも「第三国」に含まれる。

第2に今のイギリス経済は、1990年代のスイス経済より脆弱だ。GDPに占める設備投資の割合は、イタリアと同レベル。生産性の向上率が横ばいなのも、低収入の仕事が多いのも、輸出部門が長年低迷しているのもそのためだ。イギリスは国内消費への依存度も、イタリアやスペインより高い。

ニュース速報

ビジネス

原油先物が2%超上昇、ブレントはコロナ流行後初の7

ワールド

NY州議会の有力議員、クオモ知事の辞任求める セク

ビジネス

コロナ担当職員の残業問題、西村再生相が改善を担当政

ワールド

ワクチン接種証明書、EU各国は導入へ作業開始を=欧

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月