最新記事

米議会占拠

【現地ルポ】民主主義の砦が汚された、アメリカの一番醜い日

TRUMP RIOTERS STORM CAPITOL

2021年1月9日(土)17時10分
ジャック・デッチ、エイミー・マッキノン、ロビー・グレイマー、コラム・リンチ (いずれもフォーリン・ポリシー誌記者)

連邦議会議事堂はトランプ支持者と警官隊との衝突で大混乱に陥った MOSTAFA BASSIM-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

<敗北を認めないトランプの支持者が議事堂に乱入、催涙ガスがまかれ銃撃で死者まで出た騒乱の一日>

(本誌「トランプは終わらない」特集より)

アメリカ合衆国の歴史における大きな汚点として刻まれることになる光景だった。

アメリカの民主主義の砦(とりで)とも言える首都ワシントンの連邦議会議事堂。そこへドナルド・トランプ大統領の支持者がなだれ込んだ。
20210119issue_cover200.jpg
議会ではジョー・バイデン次期大統領の勝利を承認する手続きが行われており、トランプ支持者はそれを阻止しようとした。任期終了間近のトランプは「選挙は盗まれた」と、根拠のない主張を繰り返していた。

トランプ政権とワシントン市当局は、暴徒鎮圧のために州兵数千人を動員。ホワイトハウスのケイリー・マケナニー報道官は6日午後、州兵部隊が「他の連邦治安維持機関」と共に到着するとツイートした。ナンシー・ペロシ下院議長とワシントンのミュリエル・バウザー市長の要請を受け、コロンビア特別区の州兵1100人が総動員されて議事堂に派遣されたと報じられた。

ワシントンの西に隣接するバージニア州のラルフ・ノーサム知事も、自らの指示で州兵200人がワシントンに向かうと発表。だが、それ以外にどの部隊が到着するのかは明らかではなかった。

国防総省のジョナサン・ホフマン報道官は声明の中で、クリストファー・ミラー国防長官代行が議会指導部と接触しており、ライアン・マッカーシー陸軍長官はワシントン市当局と協力して対応していると語った。「治安機関の対応は司法省が主導する」と、ホフマンは断言した。

magw210109-riot02.jpg

大混乱のせいで気分を悪くして横たわる議員 TOM WILLIAMS-CQ-ROLL CALL, INC/GETTY IMAGES

バイデンは地元デラウェア州からの演説で、議会占拠と暴動を激しく非難した。「これは抗議活動などではなく、反乱だ」と、彼は言った。

「私たちの民主主義は、近現代に経験のない前代未聞の攻撃を受けている」と、バイデンは続けた。「力を合わせれば、できないことはないはずだ。今日のこの惨状を目の当たりにして、私たちは痛感した。共和党も民主党も、それ以外の独立派も、団結しなくてはならない。それがアメリカ合衆国だ」

そしてバイデンは「トランプ大統領よ、責任ある態度を示せ」と呼び掛けた。

ニュース速報

ワールド

英イングランド、5月以降コロナ感染50%増 インド

ビジネス

中国新築住宅価格、5月は前月比+0.6%で横ばい 

ワールド

GAFA規制法案、米下院司法委が来週表決

ビジネス

5月豪就業者数は11.52万人増、失業率は5.1%

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月