最新記事

政権交代

米議事堂占拠事件はクーデター、トランプが大統領のうちは危機が続く

This Is a Coup. Why Were Experts So Reluctant to See It Coming?

2021年1月7日(木)18時50分
ポール・マスグレーブ(マサチューセッツ大学アマースト校助教)

大統領選の選挙人団の票の確認作業を阻止するため、トランプ支持派が連邦議会議事堂に乱入。作業は一時中断された Stephanie Keith-REUTERS

<次は戒厳令で軍が巻き込まれる可能性も>

1月6日の朝、いつも通り政治ニュースをチェックした。いちばん大きなニュースは、ジョージア州で行われた上院の決選投票に関するもの(投票の結果、上院でも民主党が過半数を獲得した)。新型コロナウイルス感染拡大の記事もあった。

だが目を引いたのは、ワシントン・ポストのデービッド・ナカムラ記者が書いた記事だ。連邦議会ではその日、米大統領選の最終的な手続きである選挙人投票の集計確認作業が行われる予定だが、ドナルド・トランプ大統領の敗北を信じず、ジョー・バイデン前副大統領の勝利を決して認めようとしない勢力が計画している抗議運動が「クーデター」に発展するか否かを論じたものだ。

記事には数人のリベラル派の専門家のコメントが引用されていた。騒ぎになる可能性はあるが、1月5日の段階では「クーデターという公式の学術的な定義に当てはまるような状況には至っていない」と、彼らは異口同音に述べた。

なかには冷静な対応を呼びかける専門家さえいた。抗議デモがクーデターにまでエスカレートするなどと警告すれば、それ自体が自己成就的な予言になり、現実になりかねない、というわけだ。

トランプの演説に煽動され、暴徒と化した支持者が連邦議会議事堂に乱入した、というニュースが流れたのは、その数時間後のことだ。

まさにクーデターそのもの

上下両院合同会議における選挙人団の票集計の確認手続きは中断を余儀なくされた。報道によれば騒ぎのなかで銃弾が放たれ、負傷者も出たという(のちに一人が死亡)。トランプ支持の男がナンシー・ペロシ下院議長の椅子に座ってふんぞり返る写真は、議事堂が事実上占拠されたことを物語っていた。

ニュース専門ケーブルテレビC-SPANの報道では、上下院の重鎮らは「非公表の場所」に避難したとのこと。現場の模様を伝える記者たちも自分がどこにいるか明かさなかった。暴徒に襲われかねない状況ゆえ、当然の自衛手段だ。鎮圧のために州兵も出動した。

この光景を見れば、もはや否定できない。今回起きたことはクーデターの企て、すなわち「法的枠組みに反して権力を奪取する暴力的な試み」にほかならない。

トランプが、自らの退任を決定づける手続きを妨害するよう暴徒を煽ったのだ。憲法に基づく統治は停止を余儀なくされた。南部諸州が連邦から離脱した南北戦争中でさえ、選挙や政権交代が延期されたことはない。アメリカは今や当時よりもはるかに重大な統治の危機に直面している。

ニュース速報

ワールド

米マッサージ店連続銃撃事件、検察は憎悪犯罪と主張 

ビジネス

中国財政省など規制当局、不動産税の改革・試験導入巡

ビジネス

上海証取、韓国取引所とETF相互取引導入で合意

ビジネス

東芝の取締役会、UBSを財務アドバイザーに任命へ=

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇…

  • 6

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    ビル・ゲイツ離婚で長者番付はどうなる? 1295億ド…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月