最新記事

香港

香港民主派53人の一斉逮捕をバイデン次期米政権が非難「中国の民主主義締め付けに反対する」

Blinken Signals Biden Admin Will Take on China Over Hong Kong Crackdown

2021年1月7日(木)16時00分
ジョン・フェン

アメリカ人弁護士のジョン・クランシーは国安法違反で逮捕された初めての外国人かもしれず、米中関係の新たな火種になりそうだ REUTERS/Lam Yik

<逮捕者の中には米国人弁護士も含まれ、米中関係の次の火種になる可能性もある>

次期米国務長官に指名されているアントニー・ブリンケンは、香港当局が1月6日朝に民主派の前議員や活動家53人を逮捕したことを非難。ジョー・バイデン次期米政権は香港の人々を支持し、中国による「民主主義の締め付け」に反対すると表明した。

民主派の53人は、中国政府が2020年6月に施行した「香港国家安全維持法」に違反したとして逮捕された。

「民主派活動家たちの一斉逮捕は、普遍的権利を求めて声をあげた勇敢な人々に対する攻撃だ」とブリンケンはツイッターに投稿。「ジョー・バイデンとカマラ・ハリスが率いる米次期政権は香港の人々を支持し、中国による民主主義の締め付けに反対する」と述べた。

6日の一斉取り締まりでは、現地の法律事務所、何謝韋律師事務所で働くアメリカ人弁護士のジョン・クランシーも逮捕された。香港国家安全維持法の下で、香港のパスポートを持たない外国人が逮捕されたのは、これが初めてかもしれない。同法は国家分裂、政権転覆、テロや外国勢力と結託する行為を禁じており、違反した場合の最も重い処罰は終身刑と定められている。

クランシーの逮捕は、米中間の外交における新たな火種となる可能性がある。ドナルド・トランプ米大統領と中国政府はこれまでにも衝突を繰り返しており、米中関係は既に緊張状態にある。

「必要な措置だった」と保安局長

香港保安局の李家超(ジョン・リー)局長は今回の一斉逮捕について、民主派が2020年7月に立法会選挙に向けて非公式な予備選挙を実施したことに関連する容疑だと地元メディアに説明した。

民主派が独自に実施したこの予備選は、2020年9月に予定されていた香港立法会選挙に向けた候補を選出するためのものだった。全70議席を争うこの選挙で、民主派は(実現の可能性は低かったものの)過半数の議席獲得を目標としていた。クランシーは、60万人の有権者が参加したと報じられたこの非公式な予備選を手伝っていた。

香港政府はその後、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に、9月に予定していた立法会選挙を1年延期すると発表。これに先立ち、香港政府および中国政府に敵対的な政治的見解を掲げたとして、民主派議員12人の立候補資格の取り消しを決定。これに抗議して、残りの民主派議員が一斉辞職した。

香港保安局の李は、6日朝の一斉取り締まりは「必要な措置」だったと主張。予備選に関与した者たちは香港政府を「転覆させる」ことによって、「香港を機能停止状態に」陥らせようとしたと説明した。李はさらに、取り締まりの対象としたのは「今も活発に活動している人物」だけであり、有権者を逮捕することはないとつけ加えた。

ニュース速報

ワールド

2021年度予算案を可決=衆院予算委

ビジネス

インド小売業団体、米アマゾンの携帯販売慣行の調査を

ワールド

米政府、メキシコとの新型コロナワクチンの共有を否定

ワールド

EXCLUSIVE-米、ナワリヌイ氏への毒物使用巡

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月