最新記事

中国

香港を殺した習近平の次なる標的はアメリカの民主主義

THE SUBJUGATION OF HONG KONG

2020年11月17日(火)17時15分
ゴードン・チャン(ジャーナリスト、作家、弁護士)

香港の代議制民主主義はこれで終わりなのか? TYRONE SIU-REUTERS

<大統領選でアメリカが混乱するなか、中国は選挙で選ばれた代表を議会から追放し、香港における唯一の平和的変革の手段を封じてしまった。これを放置すれば、アメリカの民主主義への攻撃に発展しかねない>

香港の議会に当たる立法会で11月12日、民主派議員15人が辞表を提出した。香港政府が前日の11日、反中国的姿勢を理由に同僚議員4人の議員資格剝奪を決めたことへの抗議行動だ。

これに先立ち、中国政府の立法機関である全国人民代表大会常務委員会は、香港の議員たちに中国への忠誠を求める次のような決定を行っていた。「香港独立」を主張・支持する、香港に対する中国の主権を認めない、外国や外部勢力による干渉を求める、その他国家安全保障を脅かす行為を行った場合、議員資格を失うというものだ。

中国は事実上、代議制民主主義による香港の統治を11日に終了させたのである。フィナンシャル・タイムズ紙のジャミル・アンダリーニは同日、「中国による香港の『再植民地化』は近く完了する可能性がある」と指摘した。

1997年に香港がイギリスから返還される前、中国は「一国二制度」の下で50年間の「高度な自治」を約束していた。だが、返還後はこの国際公約を公然と破り続けてている。なかでも今年6月30日に施行された香港国家安全維持法は、中国本土の役人がやりたい放題できるようにする内容であり、実質的に香港の法治はこれで死んだ。

中国は選挙で選ばれた代表を議会から追放することで、香港における唯一の平和的変革の手段を封じてしまった。一時は全人口の4分の1以上に当たる推定200万人が参加した大規模な抗議行動を支えた若者と中流層は、今後も抵抗を続けるはずだ。

現地で6カ月間、民主化運動を報道し続けたアメリカ人ジャーナリストのマイケル・ヨンが語ったように、中国は人々の「反乱」に直面している。反乱は一時的に沈静化することもあるが、ほとんどの場合は「形を変えて」復活すると、ヨンは言う。「勇気のある香港人は戦い続ける。アメリカは彼らを支援しなければならない」

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がこのタイミングで香港に手を出したのは、アメリカが大統領選の混乱に気を取られていると判断したからだ。もしトランプ大統領が反応しなければ、間違いなく他のターゲット、例えばアメリカそのものを狙うことも可能だと考えるだろう。いずれにせよ、習政権はアメリカの民主主義だけでなく、代議制民主主義による統治の概念自体への攻撃を強めている。

中国政府や共産党系メディアは嵐のような反米プロパガンダを発し続けている。特に11月3日の大統領選後の不確実性を、自国の統治形態のほうが優れている証拠として利用しようとしている。

ニュース速報

ビジネス

インドが電子商取引の外資ルール再修正検討、アマゾン

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官指

ビジネス

野村HD、アジア富裕層向け事業でプライベートバンカ

ビジネス

米ネットフリックス、世界での契約者が2億人突破 株

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月