最新記事

ルポ特別養子縁組

「養子縁組」で母になったTBS久保田智子、いま何を思うのか

2020年12月13日(日)16時00分
小暮聡子(本誌記者)



――夫である平本さんには、どのタイミングで養子という選択肢について伝えたのか。

15年5月に入籍したのだが、その3カ月前に付き合い始めるとき、平本からは彼がその年の6月からニューヨーク支局に赴任するとも言われていた。結婚を前提に交際する中で子供について話して、養子という選択肢もどうかな、とも伝えた。

付き合う中でこの話をするのは、正直とてもつらい。私も結婚したいと思っていたし、でも、自分にはこういう欠点がありまして、というみたいで......話をして、拒絶されたら私はどうなるのかなとか、でも自分の中の一部であり、どうしようもないところなので、受け入れてもらわないと困るなぁとか。自分は幸せになる権利はないのかな?とか......。

――話したときの、平本さんの反応は?

智子がそれ(養子縁組)がいいならそれでいいよ、という感じだった。彼はとてもポジティブで切り替えが早かった。無理なことについてはもう悩まないで、他の選択肢、という考え方をする人なので。私は決断するのにすごく時間がかかるから、自分と違うタイプの平本のような人に出会えたのは本当に運が良かったと思う。

――結婚して、子供を持たないで2人で生きていくという選択肢はなかったのか。

確かにそういう生活もあるし、それはそれで幸せだろうなと、建前では思っていた。でも私の中では、子供が欲しいっていう気持ちがとても強かった。あとは、養子という選択肢があることを分かっていたというのも大きいと思う。私も子供が欲しい、平本も欲しい、養子縁組で子供を育てることが出来るかもしれないと知っているのに、なぜ挑戦しないでその選択肢を諦めるのか、と。

――家族を作りたいという思いは、自分が育った家族の幸福に根差しているのか。

それはないかな......。私自身は、すごく寂しい子供だったと思う。父はよく怒る怖い人で、何かをお願いしても開口一番「ダメだ」と言われる。母は、私が何かに挑戦しようとするたび「そんなことができるわけない」と失敗したときの心構えをさせるような人だった。

今では、母は最悪を想定しておけば失敗した際のダメージが少ないからと、私を守ろうとしてくれていたのかもしれないと思うけれど、当時の私は生きること、逃げることに必死で、すごく自己肯定感の低い子供だった。

家族っていいな、と思うきっかけがあるとしたら、ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』の世界に憧れて高校1年の時にカリフォルニア州でホームステイをしたとき、20代後半のホストファミリー夫妻から生まれて初めて「ほめてほめてほめられまくる」という経験をしたこと。

大学3年次にカリフォルニア大学に1年留学して、同じホストファミリーの元で暮らしたのだが、それまでに夫妻は2人の子供を授かっていて私のことは「長女」として扱ってくれた。ビバリーヒルズの生活を想像していたら、とんでもなく「庶民的」で(笑)。でも本当に素敵なご夫婦に巡り合えた。今思うと、私の家族像はあそこにあるのかもしれない。

ニュース速報

ワールド

高齢者へのワクチン接種開始、早くて4月1日から=河

ワールド

北京市、新型コロナ対策を強化 春節や全人代を控え

ワールド

インド国産コロナワクチン、英国型変異種にも有効の可

ビジネス

ロンドン金融街、EU市場へのアクセスなくても繁栄へ

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月