最新記事

オーストラリア

絶滅していなかった......世界最小の有袋類ピグミーポッサム発見される

2020年12月14日(月)16時00分
松岡由希子

森林火災で絶滅が懸念されたチビフクロヤマネ(別名:ピグミーポッサム) Pat Hodgens-twitter

<森林火災によってカンガルー島では絶滅したのではないかと懸念されていた世界最小の有袋類チビフクロヤマネ(別名:ピグミーポッサム)が発見された......>

豪州では、2019年9月頃から2020年2月まで続いた大規模な森林火災により、南東部を中心に、1700万ヘクタール以上の国土を焼失した。

南オーストラリア州のカンガルー島は、コアラなどの哺乳類220種、エミューをはじめとする鳥類260種らが生息する生物多様性の豊かなエリアとして知られる。しかし、この森林火災によって、島西部の低草原地域の大部分が焼失するなど、島の約半分にあたる21万606ヘクタールが被害を受けた。絶滅危惧種や固有種をはじめ、多くの動物たちは生息地を失い、危機にさらされている。

なかでも、有袋類の一種で世界最小のチビフクロヤマネ(別名:ピグミーポッサム)は、島内で113匹の生息が確認されていたが、森林火災によって生息地のほとんどが失われ、カンガルー島では絶滅したのではないかと懸念されていた。

分布域の約88%が森林火災によって焼失した

豪州の自然保護団体「カンガルーアイランド・ランド・フォー・ワイルドライフ(KI LfW)」は、2020年12月、カンガルー島内20カ所を調査し、森林火災の発生以降初めて、被害を免れたエリアで、チビフクロヤマネを発見した。



一連の調査では、チビフクロヤマネのほか、ダマヤブワラビーやチャイロコミミバンディクートなど、20種以上の野生動物が確認されている。

生態学者のパット・ホジンス氏は、英紙ガーディアンの取材に対して「チビフクロヤマネの分布域と推定されていた範囲の約88%が森林火災によって焼失したため、その個体数に甚大な影響があったことは明らかだ」として今回の発見の意義を強調するとともに、「生き残ったチビフクロヤマネの保護が必要だ」と訴える。

個体数が回復するまでは数年から数十年を要する

体重10グラム未満の小さなチビフクロヤマネにとって最大の脅威は野猫だ。これまでに野猫の胃の中で複数のチビフクロヤマネが見つかっている。

森林火災がカンガルー島の生態系にもたらした被害の全容はまだ明らかになっておらず、島内で野生動物の個体数が回復するまでは数年から数十年を要する可能性がある。

ホジンス氏は、「森林火災によって個体数がどのように変化したのか明らかになっていない種が多く、これらの個体数が長期的にどう変わるのかもわかっていない」としたうえで、「我々は、後世にわたってこれらの種を保護するためにできる限りのことを尽くす義務を負っている」と説いている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中