最新記事

香港

香港をロシア式「鳥籠民主主義」の実験場にする中国共産党

Hong Kong’s Democracy to Become Like Russia’s?

2020年12月10日(木)19時40分
サイモン・シェン(香港中文大学客員准教授)

12月2日に実刑判決を言い渡された香港の3人の若い民主活動家──左から周庭、林朗彦、黄之鋒 TYRONE SIU-REUTERS

<中国の指導層はプーチン政権の選挙制度に倣い、民主主義を装った巧妙な支配体制を築くことで、香港の政治的な「生態系」を変えようとしている>

国家安全維持法の成立により、私たちの知る「香港」は消え去った。だが中国政府は、香港を普通の中国の都市にするつもりはない。そんなことをしても、利益はほとんどない。

むしろ中国の指導層は、ウラジーミル・プーチン大統領のロシアをモデルとして、香港の政治的な「生態系」を変えるという壮大な実験を行っているとも受け取れる。

ジャーナリストのウィリアム・ドブソンが著書『独裁者の学習曲線』で指摘するように、現代における最も効果的な統治形態は力による弾圧ではなく、自由を限定した鳥籠のような制度だと独裁者たちは認識している。この制度は正当性を保つために民主主義であるかのように装うが、実際には体制維持を最も重要な目標にしている。

ロシアの「選挙による独裁政治」の主な特徴は、この「鳥籠民主主義」だ。この点を念頭に置いて香港の最近の情勢を考えると、香港では公正な選挙が終わりを迎えようとしていることが見えてくる。

ソ連が崩壊してロシア連邦が成立した当初、各政党は議会選挙で本当の競争に直面した。野党のロシア連邦共産党は1990年代半ばに議会で第1党となり、ボリス・エリツィン大統領の政府を牽制する大きな力になった。

しかしプーチンが政権を握ると、彼は政党の数を制限し、さまざまな法解釈を駆使して議会への立候補を妨げ、最終的には立候補者を政府が認める人物だけに制限した。

与党に盾突かない野党

現在のロシアでは、いくつかの政党が、与党・統一ロシアと並んで選挙で立候補することを「許可」されている。統一ロシア以外の政党には、明確な役割があるのだ。

極右政治家のウラジーミル・ジリノフスキーが率いる自由民主党は「アラスカを取り戻す」といった法外な政策を提唱する。そうするとプーチン政権が穏健に見えてくる。

ソ連時代の共産党の流れをくむロシア連邦共産党には、優れた組織力と動員力がある。そこでプーチンは同党を万年野党の座に押しとどめるため、常に標的に据えている。

左派野党の「公正ロシア」は共産党と票を奪い合っており、そのため左派は単独で過半数の議席を取ることが難しい。公正ロシアは政府の意のままになる「懐中(ポケット)野党」と位置付けられる。統一ロシアの地方幹部を厳しく批判し、選挙で民主主義と自由を唱えるが、統一ロシアの支配に盾突くことはない。

ニュース速報

ビジネス

中国当局、銀行に融資圧縮を指示 投資過熱抑制が狙い

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ビジネス

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 採決は週末に

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月