最新記事

新型コロナウイルス

長期的な副作用は否定できなくてもワクチン接種は受けるべきか

Unknown COVID Vaccine Side Effects May Appear After Millions Immunized

2020年12月4日(金)16時20分
カシュミラ・ガンダー

イギリスは異例の速さでワクチンを承認、来週にも摂取を開始する(写真は11月30日、アストラゼネカ社のワクチン開発現場を視察したボリス・ジョンソン英首相) Paul Ellis-REUTERS

<コロナに感染する方が死ぬリスクは高く、多くの人がワクチン接種を受けるほど早く集団免疫を獲得して元の日常に戻れる?>

新型コロナウイルスのワクチンは稀に長期的な副作用が出る可能性があり、それが明らかになるのは数百万もの人々が接種を受けた後かもしれない――複数の専門家が、本誌にこう語った。それでも、世界で140万人の死者を出し、今も多くの国で猛威を振るっているウイルスに対抗する免疫を獲得することには、リスクを遥かに上回る利点があるというのだが。

現在、欧米ではファイザー/ビオンテックと、モデルナ、アストラゼネカが開発しているワクチンが最も有望視されている。第3相の治験では、ファイザー/ビオンテックとモデルナのワクチンに95%以上の予防効果が認められ、アストラゼナカのワクチンについては、2回とも全量を投与した場合に62%の有効性、1回目に半量、2回目に全量を投与した場合に90%の有効性が確認された。

12月2日には、イギリスが西側諸国で初めて新型コロナウイルスのワクチンをスピード承認。規制当局が独立調査を行い、ファイザーとビオンテックが共同開発したワクチンにゴーサインを出した。英政府は来週の前半から、重症化リスクの高いグループを対象としたワクチン接種を開始したい考えだ。アメリカでは、ファイザーとモデルナが米食品医薬品局(FDA)にワクチンの緊急使用許可を申請。年内に出荷が始まる可能性があると期待されている。

有望ワクチンの副作用は?

ワクチンの副作用は、数日で消失する軽い症状や腕の痛みといった軽いものか、アレルギーや自己免疫疾患のような重篤なものの2種類に分かれる。

一般に、多くの副作用は予防接種を受けてから2カ月以内に出現する。従って、新型コロナウイルスワクチンに重篤な副作用があれば、これまでの治験で症状が出ている可能性が高いと専門家は本誌に語った。

モデルナのワクチンの場合、短期的な副作用としては予防接種時の痛み、倦怠感、筋肉や関節の痛み、頭痛などが確認されている。ファイザー/ビオンテックは、よくみられる副作用として倦怠感と頭痛が報告されており、アストラゼネカのワクチンはモデルナやファイザーと同様の副作用に加えて、熱っぽさを感じる場合があるという。いずれも、体の免疫反応を起こしていることを示す、歓迎すべき兆候だ。

長期的またはごく稀な副作用は?

専門家によれば、何百万もの人々がワクチン接種を受けた後に、長期的な副作用や稀な副作用が出現する可能性もある。

ジョンズ・ホプキンズ大学公衆衛生学大学院国際ワクチンアクセスセンターのウィリアム・モス所長は、そうした副作用は、FDAをはじめとする保健当局がワクチンを承認する時点では分からないと指摘する。

ニュース速報

ビジネス

再送米卸売物価、4月は前年比6.2%上昇 2010

ビジネス

ディズニー、1─3月利益は予想超え 動画配信契約者

ビジネス

NY外為市場=ドル横ばい、米指標はインフレ高進を示

ワールド

イスラエル、ガザ境界沿いに軍部隊集結 4日目も戦闘

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 9

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 10

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月